Switch news

知っておきたい世界のニュース

ロシアのロケットが約3時間でISSに到着、従来の半分の時間で記録更新

ロシアのロケットが約3時間でISSに到着、従来の半分の時間で記録更新
Twitter/NASA

ロシアで打ち上げられたロケットが、これまでの約半分の時間で、国際宇宙ステーション(ISS)に到着した。

 

地球周回軌道を2周しか回らなかった

 

そのロケットとは「Soyuz MS-17」。これは3人の宇宙飛行士を乗せて、10月14日5時45分(世界標準時)、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられたという。

 

その後、「Soyuz MS-17」は地球の周回軌道を2周で済ませ、ISSに到着。船体をステーションにドッキングした。

 

これまでは地球からISSまで6時間かかっていたが、今回「Soyuz MS-17」はその約半分の時間、3時間3分でたどりつき、最短記録を更新したという。

 

ロシアの宇宙機関「ロスコスモス」は、2011年にスペースシャトルが引退して以来、米国の宇宙飛行士をISSに輸送する仕事をしてきたという。

 

2013年以前は到着するのに2日間

 

「Soyuz MS-17」にはロシアのコスモノートのSergey Ryzhikov氏と、Sergey Kud-Sverchkov氏、そしてNASAの宇宙飛行士であるKathleen Rubins氏が搭乗していたそうだ。

 

「Soyuz MS-17」はISSに物資を届けるために打ち上げられ、今回3人の乗組員は有人のロケットで最も早くISSに到達したことになる。

 

実は2013年以前は、地球からISSに到達するには2日間かかっていたという。それを改良し、最近までは6時間に短縮されたそうだ。

 

そして今回はさらに半分の時間で到着することができた。

 

ただ実は、以前から人間が乗っていない輸送用のロケットも、2回しか軌道を回らずにISSにドッキングし、3時間18分で到着していたという。そして今回は、有人ロケットとしても最短時間となる。(了)

 

 

出典元:Science alert:The Latest Soyuz Launch Just Delivered The ISS Crew in 3 Hours! It Used to Take Days(10/14)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top