switch

World News Odyssey

アイスホッケー女子のカナダ選手、首にかけられた銀メダルをその場で外す

アイスホッケー女子のカナダ選手、首にかけられた銀メダルをその場で外す

平昌オリンピックは終わってしまったが、アイスホッケー女子の表彰式で、カナダ人選手がメダルを首から外し、注目を集めたのをご存じだろうか。

 

表彰式でメダルを首から外す

 

2月22日に行われたアイスホッケー女子の決勝戦では、アメリカとカナダが対決。激しい接戦の末、アメリカが3対2でカナダチームを下し、金メダルに輝いた。

 

カナダチームの多くの選手は涙を浮かべていたが、Jocelyne Larocque選手もかなり打ちのめされており、その後の表彰式で彼女は首にかけられた銀メダルを外し、自らの手に持ち直したという。

 

その映像はネットなどでも多くの人によって拡散され、Larocque選手の行動に注目が集まったそうだ。

 

金メダル候補だったカナダチーム

 

実はカナダのアイスホッケー女子は、オリンピックで4連覇を果たしており、今回も優勝候補として国民から大きな期待がかけられていたという。

 

しかし今回の平昌オリンピックでは、最大のライバルとされていたアメリカに決勝戦で負け、銀メダルに終わってしまう。

 

そのためLarocque選手は、自分が銀メダルにも値しないと思ったのか、自らメダルを外すという行動に出たと考えられている。

 

Larocque選手はその後のインタビューでも「ただ辛かったんです。皆、一生懸命やっていました。私たちは金メダルが欲しかった。でもそれを手にすることはできませんでした」と語っている。

 

ネットではそんな行動に対して、さまざまな意見が登場。Larocque選手の行動はスポーツマンシップに欠けるというコメントもあったが、同時に彼女を擁護する意見も寄せられたという。

 

Larocque選手は翌日の23日に謝罪。「あの時、私は試合の結果にとても落ち込んでいて、良い自分が感情に負けてしまった。不敬な態度をとるつもりはありませんでした」と語っている。

 

もしかしたら表彰台に立った時は、本人でさえ言葉にできない複雑な感情に包まれていたのかもしれない。(了)

 

 

出典元:Time:Olympic Hockey Medalist Immediately Yanks off Her Silver Because Only Gold Is Acceptable(2/22)

出典元:NYPost:Angry Canadian hockey star forced to wear silver medal(2/22)

Return Top