Switch news

World News Odyssey

Pickup

電気で飛ぶ飛行機はすぐそこまで!米のスタートアップが100機を受注する

電気で飛ぶ飛行機はすぐそこまで!米のスタートアップが100機を受注する
Twitter/Zunum Aero

電気を使って飛ぶ飛行機が、今後多く利用される可能性が出てきたとして、注目されている。

 

航空会社が100機購入予定

 

そのような飛行機を作っているのは、アメリカのスタートアップ企業の「Zunum Aero」。

 

この企業は、これまで「JetBlue Technology Ventures」やボーイングのベンチャーファンドである「Boeing HorizonX」などから支援を受け、電気と通常の燃料で飛ぶハイブリッドの機体を開発してきたという。

 

そして5月21日、「Zunum Aero」はジェット・チャーター機を運航してきた航空会社「JetSuite」が、自社のローンチカスタマー(新型機開発の後ろ盾になる顧客)になる予定と発表。

 

これにより「Zunum Aero」は「JetSuite」から100機を受注し、2022年までに納入を開始する予定となった。

 

地方の人々が利用しやすいサービス

 

これまで過去数十年に渡り、アメリカの主要な航空会社は巨大な旅客機を使い、大都市の大きな空港で大量の人々を乗せて運ぶというシステムを作り上げてきた。

 

この結果、小さな地方のコミュニティに住んでいる人々は、飛行機を利用する場合、大きな空港のある都市部まで長時間かけて移動するのを余儀なくされてきたという。

 

しかし「Zunum Aero」は運用コストを大きく下げることができる小型旅客機を計画し、ハイブリッド電気モーターによって効率的な移動の実現を目指してきた。

 

そして今回は、地方にある小さな空港を結ぶ「JetSuite」のオペレーションが、大きなハブ空港を避けて「ドアtoドア」に近い形で、旅行者の移動時間を劇的に短縮するという「Zunum Aero」の戦略に合致したそうだ。

 

「Zunum Aero」のCEOであるAshish Kumar氏は次のように語っている。

 

「電気航空機は市場を切り崩す手段となる。またこの機体は従来の航空機に比べ、低コストで飛行でき、あらゆる地域の航空市場に間違いなく食い込むことができる。私たちは乗客の家や目的地により近い空港へのフライトの頻度を増やすことができ、乗客が手荷物受取所やセキュリティ・チェックで並ぶ必要もない」

 

670mの滑走路があれば離陸できる

 

今回「Zunum Aero」が提供する機体は約12名が搭乗する小型機で、距離も1000マイル(約1600km)までのフライトに適しているという。

 

また時速約550kmで飛行し、滑走路も670mあれば離陸ができるとされている。

 

そして「Zunum Aero」では、順調にいけば最新のハイブリッド・エレクトロニック・ドライブシステムを現在ある機体に装着して、2019年にはテストを開始し、2021年から2022年の初めまでにはテストを終わらせる予定としている。(了)

 

出典元:Business Insider:The electric plane startup backed by Boeing and JetBlue just sold 100 planes and the deal could spark a new era of air travel in the US(5/21)

出典元:electrive.com:Jetsuite to buy up to 100 hybrid planes from Zunum(5/22)

Return Top