Switch news

World News Odyssey

Pickup

未来の牧場?オランダで世界初の水に浮かぶ酪農場が誕生予定

未来の牧場?オランダで世界初の水に浮かぶ酪農場が誕生予定
Beladon

酪農場といえば、牧場で牛が草を食むようなイメージを想像されるのではないだろうか。

 

ところがそんなイメージとはかけ離れた水に浮かぶ酪農場の建設計画が終盤を迎え、注目を集めている。

 

水上で40頭を飼育、1000リットルの牛乳生産

 

世界初の水に浮かぶ酪農場の建設が進んでいるのは、オランダ西部に位置する湾口都市、ロッテルダムだ。

 

こちらの酪農場では1200平方メートルの敷地内で40頭の乳牛を飼育。一日に1000リットルもの牛乳を生産し、殺菌処理を行った上でヨーグルトといった乳製品を製造する予定だという。

 

施設のオープン予定は2018年末頃とのことだ。

 

Beladon

 

一方水の上に浮かんでいるとなると、牛たちが“船酔い”状態になってしまうのでは、と気になる方もいるかもしれない。

 

そんな疑問に対し、今回のプロジェクトを計画する企業「Beladon」のMinke van Wingerden氏は、「水上の酪農場は非常に安定感のあるものとなる。クルーズ船に乗っている際には船酔いにはならないだろう」としている。

 

水上の酪農場の内部とは?

 

それでは実際の水上の酪農場の内部とは、一体どのようなものになるのだろうか。

 

酪農場の建物は相対的に軽く浮力のあるコンクリート製で、亜鉛メッキのほどこされた鉄骨が通された丈夫なものとなる。

 

その内部を牛たちは自由に歩き回ることが出来、ロボットが牛に餌をやったり糞の掃除を行ったりするとのことだ。

 

また牛乳の製造場が位置する地上階では、牛の尿を浄化。さらにその水を用い、アカツメクサや牧草といった牛の飼料用の植物を育てるという。

 

牛の糞から作られるたい肥はその場で使用されるか、近隣の牧場で利用されるとのことだ。

 

Beladon

酪農場を水上に建設する理由とは?

 

しかし気になるのは、なぜ酪農場を元々の牧草地ではなく水上に建設するのかということだ。

 

これについてvan Wingerden氏は、「世界の人口は増加しており、デルタ地帯に位置する都市はコンクリートのせいで沈みつつある」という。

 

さらにBeladon社と協力し計画を進める企業「Uit Je Eigen Stad」の共同創設者Johan Bosman氏も、世界が成長するにつれてより多くの人がデルタ地帯に住むようになっていくことを指摘。

 

Bosman氏は食糧を生産するための土地が狭まっているとした上で、「理論的に考えた結果が、新鮮な食料を生産するため水上に目を向けるということだ」としている。

 

「オランダでは新鮮な食料が手に入ると共に、非常に大きな都市というものも存在しないが、我々は農業と海に関する多くの専門知識を持つ。我々はこれらのセクターを結び付け、新鮮な乳製品を製造するため革新的な循環型酪農業を行うことに挑戦している。そのような試みを行うことで、都市はより強靭になる」

 

Beladon

ロッテルダムの港での様々な計画

 

ただ、酪農場を水上に建設するという試みは容易なことではなかったようだ。

 

Bosman氏は、酪農場において牛を扱うということが難しいことであることを認め、「彼らは大きな動物で、多くの規則が存在する」という。

 

他方、ロッテルダムの港を管轄する組織である「Havenbedrijf Rotterdam」は、この計画に対しては好意的な姿勢を見せてきてはいた。

 

しかし、ロッテルダムでは水上の酪農場の他、水上に浮かぶ森林の計画や太陽光発電所など様々な計画が上がってきており、それらと調整しつつの酪農場建設は容易な道のりではなかっただろう。

 

一方、Bosman氏は水上の酪農場の他、水上の養鶏場や温室などの計画もあると言及している。

 

水上に酪農場を建設するという、一見して斬新な試み。これが都市の水没問題や食糧問題解決のための端緒となるか、これからが楽しみだ。(了)

 

 

出展:Green Matters:The World’s First Floating Farm Is Coming To Rotterdam(8/27)

出展:The Guardian:Do cows get seasick? Welcome to Rotterdam’s floating dairy farm(2016/7/3)

Return Top