Switch news

知っておきたい世界のニュース

全米70カ所以上でイランとの戦争に反対する集会、トランプ大統領の決断を批判

全米70カ所以上でイランとの戦争に反対する集会、トランプ大統領の決断を批判
Twitter/Jessica Christian

先週の土曜日、イランのカセム・ソレイマニ司令官殺害を命じたトランプ大統領に反発する集会が、アメリカ各地で行われた。

 

トランプ大統領の決断を批判

 

FOX NEWSによれば1月4日、ニューヨークのタイムズ・スクエアやホワイトハウス前を含む、少なくとも全米70カ所で、今回のトランプ大統領の決定に抗議するデモが行われたという。

 

USA Todayは、シカゴにあるトランプタワーの外で、約200人のデモ参加者が「正義がなければ、平和もない。アメリカは中東から出ろ」と唱え、「イラクでの空爆をやめろ」「アメリカ軍をイラクから撤退させろ」といったプラカードを掲げたと伝えている。

 

またThe New York Daily Newsも、タイムズ・スクエアに250人以上が集まり、マンハッタンの7番街に向けて行進していったと報じた。

 

その参加者の1人、Belgica Gonzalezさん(34)は「外国との戦争を始める代わりに、トランプは人種差別や貧困など、自国の問題解決のために働くべきだ」と述べたそうだ。

 

また抗議する人の多くは、イランとの戦争に反対を表明。イランのソレイマニ司令官を殺害したことを批判し、米議会に相談せずに起こした大統領の行動は、違法行為だと叫んでいたという。

 

「なぜ、いつもアメリカは戦争状態なのか?」

 

トランプ大統領は1月3日、ツイッターでソレイマニ司令官の殺害を命じたと報告。その理由として、司令官が多くのアメリカ人の殺害を計画していたと語った。

 

また「もっと前に、ソレイマニ司令官は取り除かれる(殺害される)べきだった」とも述べている。

 

タイムズ・スクエアの集会に参加した1人は「なぜ、アメリカはいつも、いつも戦争状態にあるのか。いつも他の国に干渉しているのか。破壊と死が利益になるからだ。これはアメリカ帝国が、ずっと追求していることだ」とコメント。

 

ボストンの集会を企画したCole Harrison氏も「イランとの戦争は、どんな目的も達成することに失敗するだろう。この地域を完全に紛争状態にさせ、市民を苦しめることになる」と批判している。(了)

 

 

出典元:FOX NEWS:More than 70 anti-war protests take place across US after Soleimani killing(1/4)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top