Switch news

知っておきたい世界のニュース

オーストラリアの山林火災を3次元で可視化、イメージ画像が話題に

オーストラリアの山林火災を3次元で可視化、イメージ画像が話題に

クリエーターが作ったオーストラリアの山林火災を示した立体イメージ画像が、注目を集めている。

 

3次元可視化をしたイメージ画像

 

これを制作したのは、主に写真の画像加工を専門にするクリエーターのAnthony Hearseyさんだ。

 

彼は昨年12月5日から今年の1月5日までの、NASAのFIRMSという火災に関する衛星データを使用。

 

山林火災が起きている個所を強調した「3D visualization(3次元可視化)」を行い、画像を作り上げた。

 

Anthony Hearsey
Anthony Hearsey
NASA

全ての箇所が現在も燃えているわけではない。

 

これは写真ではなく、あくまでもイメージ画像になる。実際、この画像で赤く映っている場所全てが、現在も燃えているわけではない。

 

また縮尺もレンダリングの陰影によって、多少誇張されている箇所があるという。

 

ただし基本的には、NASAのウェブサイトからの情報に、ほぼ忠実になっているそうだ。

 

この画像は第3者によってSNS上に「写真」として投稿されて、多くの人々の注目を集めたが、Hearseyさんは「写真」であることを否定。情報源や製作過程を伝え、「編集したもの」であると明らかにした。(了)

 

 

出典元:MailOnline:A nation on fire: Astonishing graphic shows the true scale of bushfires across Australia(1/7)

出典元:Snopes:Is This a Photo of Australian Fires Taken from the Space Station?(1/5)

Return Top