Switch news

World News Odyssey

Pickup

息を飲むほど美しい観光地の姿を捉えた写真コンテスト、優勝作品が発表

息を飲むほど美しい観光地の姿を捉えた写真コンテスト、優勝作品が発表
Marcio Cabral

観光名所から自然まで、息を飲むほど美しい景勝地を捉えた写真のコンテストである「シエーナ・インターナショナル・フォト・アワーズ(Siena International Photo Awards)」の作品が発表され、注目が集まっている。

 

4万8000作品から選ばれた優秀作品

 

シエーナ・インターナショナル・フォト・アワーズとは、イタリアのシエーナに本拠を構える非営利団体「Art Photo Travel」が主催する写真コンテストで、世界各国における芸術や文化、伝統、そして自然の美しさなどを伝えることを目的としたもの。

 

今年は世界各国156カ国より、4万8000もの作品が提出されたといい、その中から計11もの部門において優秀作品が選ばれている。

 

優秀作品をご紹介!

 

それでは早速コンテストの優秀作品の中から、特に美しいと思われる作品を独断と偏見により紹介させていただこう。

 

まずご紹介させていただくのは、“自然の美(The beauty of the nature)”のカテゴリーの中からの作品だ。

 

Marcio Cabral

 

こちらはブラジルの国立公園である「Veadeiros Tablelands」において撮影されたもの。

 

バックに見える夜空の星々と銀河が美しいのもさることながら、なんといっても目を惹くのは手前に映る花々だ。光を放っているかのように見える姿がなんとも神秘的で美しい。

 

こちらも“自然の美”のカテゴリーの中からの一枚だ。

 

Francisco Negroni

 

チリ中央部に位置するロス・リオス州で撮影されたこちらの一枚は、同州に位置する火山であるカルブコ山の噴火の瞬間を捉えたもの。

 

山の頂上から噴きあがる噴煙を稲妻が縦横無尽に覆い、恐ろしくも神秘的な美しさを放っている。

 

続くこちらも“自然の美”からの作品だ。

 

Audun Rikardsen

 

ノルウェーのSignaldalenで撮影されたこちらの作品は、サケの仲間であるブラウントラウトが水中をゆったりと泳ぐ姿を写したもの。

 

雪に覆われた周囲の木々や聳え立つ山々、そして満月の際ならではの明るい夜空が湖面に映り、なんとも幻想的な光景を創り出している。

 

お次に紹介するこちらの一枚も、“自然の美”のカテゴリーの中からの作品だ。

 

Сергей Луканкин

 

こちらはノルウェー海に位置するロフォーテン諸島において撮影されたもの。

 

バックには凍てついた冬の雰囲気を醸し出す雪に覆われた山々と、ノルウェーらしさに満ちた家々が見える。一方水中の光景に目をやると、それとは打って変って鮮やかな色彩に満ちており、新鮮な驚きをもたらしてくれる。

 

続いてご紹介するのは、“色のしぶき(Splash of Colors)”の部門からの作品だ。

 

Anurag Kumar

 

こちらはインドで毎年春に行われるヒンドゥー教の祭り、“ホーリー祭”においてとらえられた一枚。

 

ホーリー祭においては春の訪れを祝うため、誰彼問わず色粉や色水をかけ合うのが伝統だという。

 

黄色や赤など人々がカラフルな色に染まりながら、新たな色の粉を吹きかける様がなんとも楽し気だ。

 

そしてお次にご紹介するのも“色のしぶき”からの一枚だ。

 

Sina Falker

 

インドネシアのボルネオ島で早朝に撮影されたというこちらの一枚は、水上のマーケットを写したもの。

 

こちらのマーケットにおいては地元の人々が木製の船に乗り、物品をトレードするという昔ながらのスタイルが未だに維持されている。またマーケット自体も、アジアで最も古いものの一つに数えられるという。

 

続くこちらの作品は、“自然環境の中の動物(Animals in their Environment)”からの一枚だ。

 

Amos Nachoum

 

南極半島付近のプレノー島で撮影されたこちらの写真は、巨大なヒョウアザラシが小さなペンギンを今にも飲み込もうとする瞬間を捉えたもの。ヒョウアザラシは隠れて何度も機会を伺っていたという。

 

自然の美しくも厳しい姿を見せつけられるかのような作品だ。

 

続くこちらも“自然環境の中の動物”からのもの。

 

Andrew Peacock

 

こちらもペンギンの姿を捉えたものであるが、作品のタイトルは“裂け目に注意(Mind the Gap)”。

 

タイトルの通り、氷上にのんびりと立ち並ぶ皇帝ペンギンの間には裂け目がぽっかりと開き、その下は底なしであるかのように見える。

 

シエーナ・インターナショナル・フォト・アワーズにおける優秀作品の数々は、こちらのサイトから全作品を確認することができるので、興味のある方はご覧になってはいかがだろうか。

 

ちなみに来年のコンテストに向けた写真作品の提出は既に開始されている。とっておきの一枚がある方は、応募されてみてもよいかもしれない。(了)

 

出典:Siena International Photo Awards

Return Top