Switch news

中国で研究者らが、人間とサルを組み合わせたハイブリッドを開発中

中国で研究者らが、人間とサルを組み合わせたハイブリッドを開発中
flickr_Snake3yes

中国で、ある研究者たちが、人間とサルを組み合わせた生物を作っているとして、スペインのメディアが伝えている。

 

サルの胚に人間の細胞を加える

 

スペインのメディア「El País」によれば、その研究に携わっているのは、スペイン生まれの生物学者、Juan Carlos Izpisúa Belmonte氏だという。

 

彼はアメリカ、カリフォルニア州にあるSalk研究所内のラボを運営しており、同時に中国でサルの専門家とともに研究を進めているそうだ。

 

彼らの目的は、人間と動物を組み合わせた「キメラ」を作ること。つまり人間の細胞が加えられたサルの胚を生み出すこととされている。

 

目的は人間の臓器移植のため

 

なぜそのような「キメラ」を作るのかといえば、人間の細胞で完全に作られた臓器、腎臓や肝臓などを持った動物を作るためだという。

 

そして動物の中で育てられた器官は、人間の臓器移植のために使われるそうだ。

 

研究者らは他の生物の一日経った胚に、人間の胚幹細胞を注入、胚が育つとともに人間の細胞も同時に体内で成長させようとしているとか。

 

そもそもIzpisúa Belmonte氏は、以前もブタの胚に人間の細胞を注入して「キメラ」を作り出そうとしたが、この時人間の細胞がうまく確立されなかったという。

 

そのため今回、遺伝的に人間に近いサルの胚を使ったそうだ。

 

また研究者らは、人間の細胞に効果的な機会を与えるため、動物の胚の中で特定の細胞を機能させなくする遺伝子編集技術も使用したとされている。

 

flickr_Bruno Vellutini

アメリカでは作ることができない

 

これまでのところ、人間とサルとが組み合わさった生き物はまだ、作り出されていない。

 

しかし研究目的であれば、1週間から2週間だけ、ミックスした胚を研究室内で育てることは許されているとか。

 

ただアメリカの国立衛生研究所は、連邦資金が人間とサルのミックスを作るのに使われることは、決してないと発言している。

 

しかし中国では、そのようなルールはないため、このような研究が行われているそうだ。

 

もっともまだ「El País」が報じている内容が、正確かどうか確認されているわけではない。この研究に資金援助しているスペインのCatholic University of MurciaのEstrella Núñez氏も「結果が公開されるまでは、コメントできない」としている。

 

また一方で、霊長類は体が小さく、成長も遅いため、サルの胚の中で人間の細胞を育てることに意味があるのか?という疑問の声もあるという。(了)

 

 

出典元:MIT Technology Review:Scientists are making human-monkey hybrids in China(8/1)

Return Top