Switch news

知っておきたい世界のニュース

マラドーナの死を巡り、警察が脳神経外科医の自宅などを家宅捜索、医師の主張とは?

マラドーナの死を巡り、警察が脳神経外科医の自宅などを家宅捜索、医師の主張とは?
Twitter/Marcus Rashford MBE

先日、亡くなったアルゼンチンの元サッカー選手、ディエゴ・マラドーナさん。彼の治療に関わった医師の自宅などが、警察により家宅捜索を受けた。

 

初期対応が遅かったと批判

 

マラドーナさんは11月25日、ブエノスアイレスにある自宅で死亡。死因は心臓発作とされた。

 

しかしマラドーナさんの弁護士であるMatias Moria氏は26日、このアルゼンチンのスターの死に関して、全面的に調査をするよう要望。

 

また初期対応が遅く、救急車が到着するのに30分以上かかったとして、これは「犯罪的な愚かさ」だと非難した。

 

退院の要件を満たしていなかった?

 

またマラドーナさんの娘さんたちも、父親がどんな薬を処方されたのかを、教えるよう求めたという。

 

というのもマラドーナさんは11月に硬膜下血腫を取り除く手術を受け、アルコール依存の治療も続けており、薬物乱用(コカイン中毒)の過去もあったからだ。

 

このため地元の検察官らが、医療体制について調査を要求。裁判官もその訴えを認めたため、今回11月の手術に関わった脳神経外科のLeopoldo Luque医師の自宅と病院に警察が入り、家宅捜索を行った。警察官らはそれぞれコンピューターや携帯電話、医療記録などを押収したそうだ。

 

当局によれば、マラドーナさんの自宅での回復期の療養に関して、実は退院の要件を満たしていなかったのではないか、との疑いが生じているという。

 

その要件には薬物中毒を専門とする24時間体制の看護師チームや、呼ばれたらすぐに駆け付けられる医師の存在、除細動器を備えた救急車の待機などが挙げられている。

 

そして当局者は、退院に関してLuque医師の関与を知りたいと思っているそうだ。

 

医師は間違ったことはしていないと主張

 

これに対し、Luque医師は、メディアの記者会見で「友人の命を救うために、できる限りのことをした」と涙ながらに語ったという。

 

さらに「人々は私にどんな責任があったのかを知りたいのですか?それは彼(マラドーナさん)を愛したこと、彼を世話したこと、彼の寿命を延ばしたこと、最後まで改善し続けたことです」と述べた。

 

そして「私は不可能になるまで、できる限りのことを行った」と語った上で、「自宅での回復期の療養に関して、自分に責任はない」と述べたそうだ。

 

また「彼はリハビリセンターへ行くべきだった。しかし彼は行きたがらなかった」とし、マラドーナさんは「手に負えなかった」とも語っている。

 

マラドーナさんの遺体は26日に、霊柩車でブエノスアイレス郊外のベラビスタ墓地に運ばれ、家族や親しい友人が出席する小さなプライベートセレモニーが行われたという。(了)

 

 

出典元:INDEPENDENT:Diego Maradona’s doctor has home and clinic searched as officials open investigation into his death(11/29)

出典元:BBC:Diego Maradona: Police raid house and clinic of doctor(11/29)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top