Switch news

知っておきたい世界のニュース

同時多発テロの追悼パレード、穴の開いたビルの模型に批判が殺到

同時多発テロの追悼パレード、穴の開いたビルの模型に批判が殺到
YouTube/nwitimestv

先日、アメリカのインディアナ州で、同時多発テロの追悼パレードが行われたが、そこに登場したビルの模型を巡って、批判の声が寄せられたという。

 

ビルの模型に穴が開き、煙まで

 

9月11日、インディアナ州の街、ValparaisではPopcorn Festivalが開かれ、2001年にニューヨークなどで起きた同時多発テロの犠牲者を追悼するパレードも行われたという。

 

パレードには、テロによって多数の犠牲者を出した、世界貿易センタービルのレプリカも登場したそうだ。

 

しかしそのレプリカのツインタワーには、それぞれ穴が開き、そこから煙まで出ていたという。その様子がこちら。

 

スポンサーの共和党議長が謝罪

 

同時多発テロでは、世界貿易センタービルの2つのタワーに、ハイジャックされた旅客機が突入。その後、2つのタワーは崩壊し、多数の犠牲者を出した。

 

このため、今回のパレードを見た人は激怒。多くの人が主催者などに非難の声を寄せたという。

 

批判を受けて、パレードのスポンサーになっていた地区の共和党員が謝罪。フェイスブックにおいて、ポーター郡共和党のMichael Simpson議長は、次のように声明を発表した。

 

「無礼なことは望んでいませんでした。(テロにより)失われた命と奉仕を続ける人々への敬意を表したことが、一部の人々に悪趣味と受け取られたことを遺憾に思います」

 

ちなみにこのパレードでは、先日アフガニスタンで自爆テロによって亡くなった兵士にも敬意を表していたという。(了)

 

出典元:Yahoo News:GOP Official Responds After 9/11 Float Draws Criticism at Parade in Indiana(9/14)

Return Top