Switch news

知っておきたい世界のニュース

中国の国旗にコロナウイルス!大使館がデンマークの新聞社に謝罪を要求

中国の国旗にコロナウイルス!大使館がデンマークの新聞社に謝罪を要求
Twitter/Oscarll

デンマークにある中国大使館は、新型コロナウイルスの記事に関して、同国の日刊紙に謝罪を要求した。

 

中国の国旗にコロナウイルス

 

そのデンマークの日刊紙とは、「Jyllands-Posten」だ。この新聞社は1月27日の紙面において、中国における新型コロナウイルスに関する記事を掲載。

 

その際、中国の国旗の星の部分をコロナウイルスの形に変えたイラストを掲載した。

 

これに対しデンマークの中国大使館は、「Jyllands-Posten」と国旗を描いたアーティストのNiels Bo Bojesen氏に対し、謝罪を要求したという。

 

新聞社は謝罪を拒否

 

中国大使館は1月28日に声明を発表。その中で次のように述べている。

 

「同情や共感もなく、この表現は文明社会の最低ラインや、表現の自由における倫理的な境界を越えている。そして人間の良心を損なっている」

 

しかし同紙のJacob Nybroe編集長は、謝罪を拒否。新型コロナウイルスで106名が死亡し、数千人が感染している状況をからかうことを意図しているわけではないとした上で、次のように述べたという。

 

「私たちは自分たちが悪いと思っていないことについて、謝罪することはできません。私たちには、中国の状況をからかい、または品位を落とす意図はありません。この描画がこうなるとは思ってもみませんでした」

 

この新聞社は2005年にも、預言者ムハンマドを風刺的に描き、イスラム教徒から非難を浴びている。

 

しかし今回の件について、デンマークの政治家は中国が新聞社に圧力をかけるべきではないと主張。さらに保守党のリーダーであるSoren Pape Poulsen氏も「Jyllands-Postenを完全に支援する」とツイートしたそうだ。(了)

 

出典元:Reuters:Chinese embassy wants Danish paper to apologize for coronavirus cartoon

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top