Switch news

知っておきたい世界のニュース

新型コロナウイルスが原因か、北朝鮮で中朝国境付近にいた兵士ら180人が死亡

新型コロナウイルスが原因か、北朝鮮で中朝国境付近にいた兵士ら180人が死亡
flickr_Roman Harak

北朝鮮の多くの兵士らが、新型コロナウイルスと見られる病気に感染し、約200人が死亡したと伝えられている。

 

3700人の兵士も隔離状態

 

デイリーNK(韓国のネット新聞)が入手した北朝鮮軍高官からの情報によれば、3月6日に軍の医療部隊が兵士から上層部まで広がる新型コロナウイルスの影響を詳述した報告を軍幹部に送ったという。

 

その報告では、1月と2月に180人の兵士が死亡し、約3700人の兵士が隔離状態に置かれていると述べられていたそうだ。

 

また死亡した兵士らは、北部の中朝国境付近にある平安北道や慈江道や、両江道、咸鏡北道などに多くが配属されていたと言われている。

 

高熱で死んだ兵士たち

 

これらの内容は、軍幹部がそれぞれの師団で治療にあたっている各病院に対し、肺炎や結核、喘息または風邪に起因する高熱で死亡した兵士の数に関するデータを収集するよう命じた後に報告されたという。

 

また軍高官は病院に対し、何人の兵士が隔離状態にあるのかも報告するよう求めたそうだ。

 

この報告により軍施設内では騒動が引き起こされ、新型コロナウイルスと思われる病気の感染拡大を阻止するため、いくつかの措置を講じるようになったとか。

 

感染を防ぐために徹底的な消毒

 

感染拡大を防ぐ1つの鍵は、遺体を徹底的に消毒すること。しかしこれは、北朝鮮政府が命じた「遺体の火葬」とは対照的なものとなっている。軍幹部の情報筋は、デイリーNKに対して次のように述べている。

 

あまりにも多くの遺体があるので、軍の中ではもはや火葬ができないのです。また軍は火葬されたというニュースが外へ漏れることを望んでいませんでした。(そのため)私は軍の病院で火葬されたというのは聞いたことがありません。また軍の指導部が、突然多くの遺体を火葬にするのは、医療スタッフにとっても大きな頭痛の種になると考えているのです

 

このため北朝鮮当局は軍の病院に対して、兵士が入院している隔離エリアを日常的に消毒するよう命じているという。

 

伝えられるところでは、軍の病院は施設を消毒するために「メチルアルコール」(メタノール)を噴霧しており、軍幹部は免疫システムが弱いか、過去に健康問題に苦しんでいた兵士を「注意深く観察する」よう命じている。

 

また軍幹部は、各部隊のリーダーに対し、COVID-19の発生を防ぐことを目的とした適切な疾病管理手順に従わない場合、処罰すると警告もしているそうだ。

 

情報筋は「戦闘の準備に関する将来の評価には、何人の兵士が死亡したかのレビューが含まれるだろう」と述べ、軍事指導部から伝えられた命令の内容を説明している。(了)

 

出典元:DAILY NK:Sources: Almost 200 soldiers have died from COVID-19(3/9)

Return Top