Switch news

知っておきたい世界のニュース

【MLB】「フィリーズ」のコーチが新型コロナ陽性、「マーリンズ」の選手17名が感染

【MLB】「フィリーズ」のコーチが新型コロナ陽性、「マーリンズ」の選手17名が感染
Twitter/Philadelphia Phillies

先日、アメリカの大リーグ(MLB)が開幕し、多くの日本人選手も活躍しているが、新型コロナウイルスに関して気になるニュースが伝えられている。

 

それは大リーグの2つのチーム内において、新型コロナウイルスの感染者が出たというものだ。

 

「フィリーズ」のコーチ1人が感染

 

ペンシルベニア州・フィラデルフィアを本拠地とするチーム「フィリーズ」の球団関係者は7月30日、1人のコーチとクラブハウスのメンバー1人が新型コロナの検査で陽性となったと発表した。

 

しかし7月29日の時点では、すべての選手に陽性反応は出ていない。

 

ただこの事実により、チーム全体が球場「Citizens Bank Park」での、すべての活動を取りやめることになった。

 

「マーリンズ」では選手17名が陽性

 

実は「フィリーズ」は7月26日に、「マーリンズ(マイアミ)」と試合をしており、その後「マーリンズ」の選手、最大17名とコーチ2名が新型コロナに感染していることが明らかとなる。

 

またこの試合の前にも4人の選手が検査で陽性となっていた。しかしチームの残りのメンバーはその時点で、26日の試合でプレーすることを決断したそうだ。

 

そして今回、「フィリーズ」のコーチ1名が新型コロナに感染したわけだが、まだ検査結果を待っている状態のため、チームは土曜日までは試合を行わない予定だという。

 

現在、行われている「ブルージェイズ」戦や、今週予定の「ヤンキース」の試合は延期になるそうだ。

 

今回、「フィリーズ」のゼネラル・マネージャーであるMatt Klentak氏によれば、「マーリンズ」との試合の時点では安全であると判断されており、月曜日に陽性者が多く出たことが、今回のスケジュール変更につながったという。

 

「マーリンズ」や「フィリーズ」には日本人選手はいないようだが、大リーグ全体に感染が広がらないよう願う。(了)

 

 

出典元:NYPost:MLB’s coronavirus outbreak spreads to Phillies as coach, staffer test positive(7/30)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top