Switch news

知っておきたい世界のニュース

台湾が中国軍の戦闘機「Su-35」を撃墜?SNS上で誤情報が拡散

台湾が中国軍の戦闘機「Su-35」を撃墜?SNS上で誤情報が拡散
Twitter/Maj Gen (Dr)GD Bakshi SM,VSM(retd)

先日、SNS上で中国軍の戦闘機が墜落し、台湾軍が撃ち落としたとの情報が拡散された。

 

これに対して台湾の高官は、撃墜したとの情報を否定した。

 

戦闘機「Su-35」が撃墜された?

 

先日、ツイッターに建物のそばで、飛行機の残骸と思われるものが炎上し、黒い煙が上がっている映像が投稿されたという。

 

それらは複数投稿され、それぞれのアカウントには中国軍の戦闘機「スホーイSu-35」が、広西チワン族自治区の桂林市に墜落したと書かれていたそうだ。

 

また投稿の中には、中国軍機が南シナ海を越え、台湾海峡に侵入したため、台湾軍に撃墜されたと主張するものもあったとか。

 

しかし台湾国防部の高官は、撃墜の事実はないと否定。アカウントの主張は誤った情報だと明言した。

 

ネットに投稿された映像とは?

 

ツイッターに投稿された動画には、街の向こうに黒煙が上がっている様子などが写っており、撮影者の「飛行機が墜落した。戦闘機だ」との声が録音されていた。

 


また他の映像でも、パイロットらしい人物がストレッチャーに横たわっている様子が映し出されていた。

 

 

しかし台湾国防部は9月4日に声明を発表。中国軍機を撃ち落とした事実はないとし、意図的に偽りの情報をネットで作成して流布した人々の、悪意のある行為を強く非難した。

 

その上で空軍司令部は「空域の安全を維持するために、司令本部が台湾海峡周辺の海と空域の状態を注意深く監視し続けている」と強調。また「社会不安を避けるために、あるいは誤った情報の拡散を防ぐために、タイムリーな方法で正確な情報を提供をしている」とし、国民に安心を呼びかけている。

 

一方、中国政府はこの事故について、まだ詳細を明らかにしていない。このような誤った情報で衝突が始まることだけは、避けていただきたい。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Taiwan denies shooting down a Chinese Su-35 fighter jet after social media footage shows crashed plane on fire(9/4)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top