Switch news

知っておきたい世界のニュース

ティラノサウルスの骨格丸ごと、クリスティーズのオークションに

ティラノサウルスの骨格丸ごと、クリスティーズのオークションに
CHRISTIE'S

6000万年以上も前に地上を闊歩していた肉食恐竜、ティラノサウルスは、現在知られている恐竜の中で最大級の体格を持つ種の1つ。その骨格が、オークションハウス「クリスティーズ」で競売に出品される。模型ではなく本物の骨だ。

 

予想落札価格6〜8億円

 

「Stan(スタン)」という愛称がつけられているこのティラノサウルスの骨格は、188個の骨(正確には骨の化石)から出来ている。高さは約4メートル、体長約12メートル。クリスティーズによれば、一体が丸ごと完全な形になっている数少ないものの一つだそう。予想される落札価格は600万〜800万ドル(約6億2700万〜約8億3600万円)。

 

CHRISTIE’S

 

現存するティラノサウルスの骨格のほとんどは、博物館や民間の施設・団体の所有となっており、売りに出されるのは稀なことだ。今回の競売は、個人のコレクターや民間団体にとって、「それを入手できるまたとないチャンスになるだろう」とクリスティーズはコメントする。

 

CHRISTIE’S

 

1987年に発見されたもの

 

「Stan」は1987年に、北アメリカにある白亜紀後期の地層「ヘルクリーク累層」で発見された。発見者はStan Sacrisonというアマチュアの古生物学者で、彼の名(Stan)がそのまま愛称となっている。

 

この時は骨の一部しか掘り出されなかったが、その後1992年になって、アメリカの化石売買会社である「Black Hills Institute」が全てを発掘。これまで20年間所有し、科学的な調査や展示を行なって来たが、今回、競売への出品を決めた。

 

1997年にはオークションハウス「サザビーズ」に、やはりティラノサウルスの骨格(愛称「スー」)が出品されて世間を騒がせたが、この出品者も同じ会社「Black Hills Institute」だ。ちなみに「スー」はシカゴ・フィールド自然史博物館が760万ドル(約7億9400万円)で落札している。

 

「Stan」は、現在、ニューヨークのクリスティーズのショールームに展示されており、競売は10月6日に行われる。(了)

 

出典元:CHRISTIE’S:The life and times of STAN — one of the most complete T. rex skeletons ever found

出典元:HYPEBEAST:Massive Tyrannosaurus Rex Skeleton Could Be Yours for $6 Million USD(9/16)

出典元:ウィキペディア:スー(ティラノサウルス)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top