Switch news

知っておきたい世界のニュース

ロシアで大規模な反政府デモ、警察官らが雪玉を当てられボコボコに

ロシアで大規模な反政府デモ、警察官らが雪玉を当てられボコボコに
Twitter/Robert Maślak

ロシアの反体制指導者であるアレクセイ・ナワリヌイ氏の釈放を求めて、ロシア全土で大規模なデモが行われた。

 

警察が激しい暴力をふるい拘束

 

ナワリヌイ氏は1月17日、治療を受けていたドイツからロシアへ帰国したが、モスクワのシェレメチェヴォ空港に到着後、出頭義務違反の容疑で警察に逮捕され、拘束された。

 

そして1月23日、ナワリヌイ氏の支持者らは拘束に抗議し、反政府デモを行い、モスクワなどには多くの人々が集まったという。

 

しかし警察はこのデモを認めなかったため、参加した人々を次々と拘束。その際には激しい暴力も振るったと言われている。

 

 

そしてモスクワでは、デモ参加者によって警察官に対して多くの雪玉が投げられ、彼らが雪まみれになる様子も撮影された。

 

全体で3100人が拘束される

 

この反政府デモは、ロシアの極東やシベリア、そしてモスクワやサンクトペテルブルクなど、約100の市や町で行われたと言われている。

 

また参加した人数は少なくとも4万人に達しており、モニターしていた独立系NGO「OVD Info」によれば、このデモにより全体で3100人が警察に拘束され、モスクワだけでも1200人が逮捕されたという。

 

またNGOは、今回のデモのスケールは前例がないほど巨大なもので、首都での抗議活動もここ10年で最も大規模なものになったと語っている。

 


デモに参加したある女性はBBCの取材に対し、「ロシアは捕虜収容所になってしまった」と語り、他の参加者も次のように語ったという。

 

「私は恐れるのに飽きてしまいました。私はここに私自身のためや、ナワリヌイのためだけではなく、息子のために来たのです。なぜならこの国には未来がないからです」(了)

 

出典元:BBC:Alexei Navalny: ‘More than 3,000 detained’ in protests across Russia(1/23)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top