Switch news

知っておきたい世界のニュース

アメリカ上空に不思議な物体、無数に分裂しながら落下していく

アメリカ上空に不思議な物体、無数に分裂しながら落下していく
YouTube/Storyful Rights Management3

アメリカの太平洋側の上空に、分裂しながら落下していく物体が目撃された。

 

上空でばらばらに分裂

 

この物体が現れたのは3月25日の夜(現地時間)、主に北西部の太平洋側の州、オレゴン州やワシントン州などで目撃されたという。

 

物体は上空でばらばらに分裂し、それぞれが輝きながらゆっくりと落下していった。

 

この様子は多くの人が撮影しており、ネットにもさまざまな動画が投稿されている。

 

隕石ではなく、ロケットの残骸

 

人々はこれが隕石の落下だと考えていたようだが、専門家らは、軌道を離脱したロケットの残骸だと考えているようだ。

 

アメリカ国立気象局も、これが軌道離脱燃焼に成功しなかったスペースX社のロケットの残骸である可能性が高いと述べている。

 

ワシントン大学の天文学研究助教授であるJames Davenport博士によれば、この破片は3月初旬に打ち上げられたSpaceXロケットの一部で、ロケットは「予想した場所に落下しなかった」という。

 

さらにDavenport博士は、「それで、この3週間は落ちるのを待っていたので、運が良かったです。すぐに頭に浮かびました」と述べ、残骸が地面に到達する可能性は低いと語った。

 

またアメリカ国立気象局もツイッターで、落下した時の地上への影響はないと考えられると投稿している。(了)

 

出典元:NBC:Likely rocket debris lights up skies over the Pacific Northwest(3/26)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top