Switch news

知っておきたい世界のニュース

世界で初めて、ロシアで動物向けの新型コロナワクチン「Carnivac-Cov」を承認

世界で初めて、ロシアで動物向けの新型コロナワクチン「Carnivac-Cov」を承認
Twitter/Russia in RSA

ロシアの規制当局により初めて、動物用の新型コロナワクチンの使用が承認された。

 

無害、高い免疫力を獲得

 

そのワクチンとは「Carnivac-Cov」。

 

ロシアの獣医及び植物検疫監視を行っている「Rosselkhoznadzor」は3月31日、世界で初めてペットのための新型コロナワクチン「Carnivac-Cov」の使用を承認したと発表した。

 

同機関によれば、このワクチンに関しては、昨年の10月から犬やネコ、ミンク、その他の動物に対する臨床試験を行ってきたという。

 

その結果、ワクチンが無害で、高い免疫力を獲得し、治験に参加した動物の100%に新型コロナの抗体が作られたそうだ。

 

また「Carnivac-Cov」を接種された動物は少なくとも6カ月間、免疫の効果があると考えられているが、ロシアの研究者は現在も、どれくらい長く免疫が持続するのかを調査しているという。

 

動物における変異を防ぐことが可能性

 

ロシアの研究者は、このワクチンを使用することによって、動物において、新型コロナウイルスの変異を防ぐことができると考えているようだ。

 

実際、この変異というのは、たいていはさまざまな種に伝播することで起きると言われている。

 

世界保健機関(WHO)も、新型コロナがコウモリから、未だ特定されていない中間宿主を介して、人間に感染したとの見解を示している。

 

また現在、世界でも多くの動物が検査で、新型コロナの陽性と判断されており、昨年もオランダやデンマークで人への感染が懸念される中で、数百万匹のミンクが殺処分されている。

 

ペットから飼い主への感染はない

 

もっとも専門家は、人に飼われているペットは新型コロナに感染するものの、人間にはうつさないと考えている。

 

この「Carnivac-Cov」は値段が約6.6ドル(約729円)になる見通しで、4月初旬から大量生産が始められるという。(了)

 

 

出典元:Moscow Times:Russia Approves ‘World’s First’ Coronavirus Vaccine for Pets(3/31)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top