Switch news

知っておきたい世界のニュース

中国でペット用のブラインドボックスに批判殺到、箱に詰められた瀕死の子犬や子猫を発見【写真複数】

中国でペット用のブラインドボックスに批判殺到、箱に詰められた瀕死の子犬や子猫を発見【写真複数】
Weibo

中国で、箱に入れてペットを輸送しているトラックが発見され、そのような販売方法やサービスに批判が殺到している。

 

人気の「ブラインドボックス」

 

もともと中国では、箱を開けてみるまでは、どんな玩具が入っているか分からない「ブラインドボックス」という販売方法が非常に人気で、ネットでも多く利用されているという。

 

中国の法律では生きた動物を配送するのは禁止されているが、「淘宝網(略称:タオバオ)」などのオンラインモールでは、トカゲやカメ、ネズミなどのペットを箱に入れて、実際に販売しているのが確認されているという。

 

そして5月3日、四川省の成都で宅配業者のトラックの中から、箱に入れられて苦しんでいる多くの子犬や子猫が発見された。

 

Weibo

160匹の子猫や子犬が箱の中に

 

動物を箱に詰めて運んでいたのは、宅配会社「ZTO」のトラックで、動物保護団体の「成都愛志家動物救助センター」が輸送を阻止。

 

その結果、160匹の子猫や子犬が箱に入れられた状態で見つかったという。しかも160匹は全て生後3カ月未満で、箱の中で死んでいたものも多くいたとか。

 

救助センターがWeiboに投稿した写真には、トラックの天井の高さまで箱が積み上げられている様子が映っており、子猫や子犬の鳴き声で満ちていたそうだ。また投稿には「トラックのドアを閉めると、空気の循環がまったくなくなり、生きたまま窒息するだけです!」とも書かれている。

 

Weibo
Weibo
Weibo

 

救助センターのボランティアたちは、保護された動物たちに夜通し付き添い、エサや水を与え、健康診断を受けさせたという。

 

そして救助センターは6日、動物たちを再定住のためにセンターに戻すことに成功し、さらに38匹が治療を受けていると発表している。

 

Weibo
Weibo

ネットでボイコットが呼びかけられる

 

その後、救助センターの投稿により、ネットには多くの人々から怒りの声が寄せられたとか。またネットで動物を買うことや、「ペット用ブラインドボックス」を購入することをボイコットするよう、呼びかけられているという。

 

これを受け、宅配会社の「ZTO」は、四川省の配送安全責任者を停職処分とし、年間業績ボーナスを差し引いたと発表。人民日報オンラインが報じたところによると、同社は中国の郵便規則に違反したことを認め、一般市民に謝罪したという。

 

しかし国営メディアの「新華社」は、「ペット用ブラインドボックス」を「生命の冒涜」と表現し、宅配業者やeコマースのプラットフォームは「自己点検と自己修正を強化しなければならない」と述べた。

 

また、購入者と販売者に「より多くの思いやりと、より多くの生命への敬意」を持つよう呼びかけたそうだ。(了)

 

出典元:SIXTH TONE:China’s Dark New ‘Blind Box’ Craze: Live Pets(5/5)

出典元:BBC:China mystery animal box craze causes outrage(5/6)

Return Top