Switch news

知っておきたい世界のニュース

5月26日の夜は今年最大のスーパームーン&皆既月食、月が欠けた状態で昇ってくる

5月26日の夜は今年最大のスーパームーン&皆既月食、月が欠けた状態で昇ってくる
flickr_Paul Williams

5月26日には、普段よりも月が大きく見えると同時に、皆既月食になると言われている。

 

欠けた月が昇ってくる「月出帯食」

 

国立天文台によれば、26日の夜は皆既月食が起き、天候が許せば、日本全国で観測できるという。

 

しかも北海道西部、東北地方西部、中部地方西部、西日本では欠けた状態の月が昇ってくる「月出帯食」になるそうだ。

 

月は、18時45分から欠け始め、20時09分に皆既食となる。皆既となった月は、「赤銅色」と呼ばれる、赤黒い色に見えるという。

 

そして皆既食は20時28分に終わり、その後は徐々に欠けた部分が小さくなっていき、21時53分に部分食が終わる。

 

今年最大のスーパームーン

 

また5月26日の満月は、2021年で地球に最も近い満月、「スーパームーン」になるという。

 

月は26日の10時50分に地球に最も近づく地点を通過し、皆既食中の20時14分に満月の瞬間となるそうだ。

 

地球に最も近い位置で起こる満月は、最も遠くで起こる満月に比べて、見た目の直径が約14パーセント大きく、約30パーセント明るく見えるとか。ちなみに2021年で最も遠い満月は、12月19日となる。

 

気になる天気は?

 

ウェザーニュースによると、26日は北日本や東日本は高気圧に覆われて晴れるところが多くなり、月が欠ける様子を見ることができる可能性があるという。

 

西日本は比較的雲が多いものの、雲の隙間から皆既月食が見えるチャンスがあるが、九州は梅雨前線の雲がかかり始めるため皆既月食の様子を見るのは難しいと考えられている。

 

国立天文台ではYouTubeでライブ配信も行っているので、そちらも是非利用してみてはいかがだろうか。(了)

 

出典元:国立天文台:皆既月食(2021年5月)

出典元:ウェザーニュース:26日(水)は皆既月食の観測チャンス 27日(木)は強い雨に注意(5/24)

Return Top