Switch news

知っておきたい世界のニュース

ブラジルで新型コロナの累計死者数が50万人を突破、今後も状況は悪化か

ブラジルで新型コロナの累計死者数が50万人を突破、今後も状況は悪化か
Twitter/Fiona Bateman

ブラジルで新型コロナウイルスによる死者の累計が50万人を超え、犠牲者がインドを越えて、世界で2番目の多さになった。

 

今後もさらに厳しい事態へ

 

ジョンズホプキンス大学のデータでは、現時点(21日)で新型コロナによる累計の死者数が最も多いのはアメリカで60万1824人、次いでブラジルの50万1825人、インドの38万8135人となっている。(インドに関しては、死者数なども正確には把握できていないとの情報もある)

 

しかしブラジル保健機関「Fiocruz」は、冬の到来とワクチン接種の遅れにより、今後状況はさらに厳しいものになるとの見方を示している。

 

実際にワクチンを完全に接種(2回接種)した人は、成人の15%に過ぎないという。また南半球のブラジルでは、今後数週間で冬が訪れるそうだ。

 

Johns Hopkins University

1日の新規感染が7万人

 

ブラジルでのアウトブレイクは、最初にアマゾンで確認された、より感染しやすい変異株「ガンマ」によって発生したと考えられている。

 

また先週は1日の新規感染者が平均で7万人確認されたという。

 

またほとんどの州では、集中治療室の占有率が80%を超えており、専門家も冬になり、より感染しやすくなることを心配しているそうだ。

 

議会が政府のコロナ対応を調査

 

ブラジルでの7日間平均の死者数は3月以来、1日1500人を超えており、ワクチン接種の進捗状況の遅れにより、今後更に犠牲者が増えるとみられている。

 

ブラジルのボルソナロ大統領は、いまだにソーシャル・ディスタンスなどの対策を推奨することを拒否し、そんな状況の中で感染が広がり続けているという。

 

また大統領は、国としての協力的な政策を打ち出さず、ワクチンや隔離、マスク着用の義務に懐疑的であり、それらを緩和することを求めているそうだ。

 

現在、議会は政府のコロナ対応について調査を進めており、野党も大統領がパンデミックを軽視し、政治的な目的でワクチン購入を遅らせたとして批判している。

 

また国民の間でも批判が強まっており、6月19日にはデモ行進がリオデジャネイロや、26の州のうち少なくとも22の州と、ブラジリアの連邦区街で行われたという。

 

リオデジャネイロでは、デモに数千人が参加。「ボルソナロを追い出せ!」などと書かれた旗や、「500,000人の死。ボルソナロのせいだ」と書かれたポスターも掲げられたそうだ。(了)

 

 

出典元:BBC:Covid: Brazil hits 500,000 deaths amid ‘critical’ situation(6/19)

出典元:AP:As Brazil tops 500,000 deaths, protests against president(6/20)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top