Switch news

知っておきたい世界のニュース

アリゾナ州で気温が48℃に上昇、暑さにより飛べない猛禽類が続出

アリゾナ州で気温が48℃に上昇、暑さにより飛べない猛禽類が続出
Twitter/Dept. of Public Safety

アメリカで気温が上昇し、飛べない状態の大型の猛禽類が発見され、保護された。

 

49℃近くまで気温が上昇

 

アリゾナ州はここ数日、気温が49℃近くになる日が続いていたという。

 

そして先週、州の警察官がCamp Verde(町の名前)の近くを通る州間高速道路17号線で、「デブリ(瓦礫)」があると思い、車を止めて調査したという。

 

ところが「デブリ」と思われたものは錯乱状態の「イヌワシ」で、飛べない状態になっていたそうだ。

 

アリゾナ州の動物局「Game and Fish Department」は、SNSにメッセージを投稿。鳥が保護されたと伝え、「この原因が、暑さによるものだと明らかになった」とコメントを添えた。

 

1日で20羽も保護

 

国立気象局は先週、午後になると「危険なほどの暑さ」になるとして、アリゾナ州南部に「高温警報」を発令したという。

 

また国立気象局の予報官は、すでに今月は37℃を越える日が多く、今後数日間で48℃にも達すると予測している。

 

また猛禽類の保護団体「Wild At Heart」によれば、今回保護された鳥は怪我というより、「オーバーヒート」しており、点滴や食事を与えたところ、健康状態も回復したという。

 

ただこの鳥は、熱による影響で飛べなくなった鳥の1羽にすぎず、6月17日には1日で20羽の猛禽類が保護されており、特に若い鳥たちが大きなダメージを受けているそうだ。

 

アリゾナ州では猛暑により、巣立ちが早すぎたタカが、地面に張り付いて飛べなくなることがあるそうだ。(了)

 

 

出典元:FORT WORTH STAR-TELEGRAM:Large birds are dropping from heat stroke in Arizona as temperatures near 120 degrees(6/18)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top