Switch news

知っておきたい世界のニュース

イスラエルで新型コロナの感染者が少しずつ増加、70%はデルタ株

イスラエルで新型コロナの感染者が少しずつ増加、70%はデルタ株
flickr_Claire Gribbin

ワクチンの接種が進んでいるイスラエルで、ここ最近新型コロナウイルスに感染する人が、徐々に増えている。

 

過去2カ月で新規感染者が最多

 

6月21日、イスラエルでは新型コロナの新規感染者が125人となり、過去2カ月で最も多い人数になったという。

 

イスラエルでは、地方でインド由来の「デルタ株」のアウトブレイクが起きており、感染者の増加も、これが原因とみられている。

 

保健省のChezy Levy局長はテレビにおいて、「新規感染者の約70%がデルタ株による感染です」と発言。

 

さらに感染した人の半分が子供たちで、3分の1がワクチンを接種していたと述べている。

 

マスク着用も解除されていた

 

6月中旬頃、イスラエルでは新規感染者が1桁にとどまっており、先週からは国全体でマスク着用のルールが解除されたという。

 

現時点では新型コロナに感染し、治療を受けている合計人数が434人。258人が重症となっており、これまで累計の死者は6428人となっている。

 

またすでに550万人以上のイスラエル人が、1回目のワクチン接種を受けており、510万人が2回目のワクチン接種を終えているそうだ。(イスラエルの人口は約905万人)

 

ワクチンを2回接種した兵士も陽性

 

イスラエル軍は6月22日、ワクチンを接種した2人の兵士が、検査で陽性になったと発表。

 

2つの学校でも、ワクチンを接種していた9人の学校関係者が、新型コロナに感染したことが明らかとなった。

 

このような新規感染者の増加により、イスラエル中部の街、Binyamina-Givat Adaでは「イエローゾーン」を宣言。

 

これまで全ての街が「グリーンゾーン」になっていたが、今回5月以来、初めて「イエローゾーン」の街が出たことになる。(了)

 

出典元:HAARETZ:Israel Sees Highest COVID Daily Infections in Two Months as Delta Variant Spreads(6/22)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top