Switch news

知っておきたい世界のニュース

【ウクライナ】ドネツク州でロシア軍が激しい攻撃、白リン弾も使用か?

【ウクライナ】ドネツク州でロシア軍が激しい攻撃、白リン弾も使用か?
Twitter/Rob Lee

3月22日、ウクライナ東部でロシア軍が激しい攻撃を行った。

 

複数の大きな爆発を確認

 

東部ドネツク州にある町、クラマトルスク市ではロシア軍の激しい攻撃にさらされ、複数の大きな爆発が起きた。

 

スポンサーリンク

白リン弾と思われる映像も

 

またこの際、ロシア軍が白リン弾を使用したと、ウクライナ当局者が語っている。ウクライナ国家警察の第一副長官オレクシー・ビロシツキー氏は22日、フェイスブックで次のように述べた。

 

「クラマトルスク市でまた、白リン弾が使用された。禁止や条約は、文明化された世界のためのものだ」

 

またツイッターにも、白リン弾と思われるものが着弾し、白い煙を上げている様子が投稿されていた。

 

 

下は3月13日に投稿された写真。

 

 

白リンは、世界中の軍隊において、昼は煙幕として、夜はエリアを照らす照明弾として、合法的に戦闘で使われているという。

 

しかし皮膚に触れると深刻な痛みを伴う火傷を引き起こすため、民間人に対する使用、または民間人が多く居住している地域の軍事目標への使用も、ジュネーブ条約で禁止されている。(了)

 

出典元:The Guardian:Russia-Ukraine war: Russian forces now ‘inside Mariupol’; 2,389 children ‘kidnapped’ by Russian forces, US says – live(3/22)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top