Switch news

知っておきたい世界のニュース

妊娠狙ってコンドームに穴を開けた女性、裁判所が性的暴行と認定【ドイツ】

妊娠狙ってコンドームに穴を開けた女性、裁判所が性的暴行と認定【ドイツ】
photo AC

相手男性が知らない間にコンドームに穴を開け、性行為に及んだ女性が有罪となった。罪状は「性的暴行」。判決を下したドイツの裁判官は、法制史に残る重要な判例であると言っている。

 

援助交際のはずが本気の恋に

 

判決を受けたドイツ人女性は39才。42才の男性と2021年にオンラインで知り合い、身体の関係と「利益」伴った交際を始めたという。日本で言うところの援助交際と考えて良いだろう。

 

当初は割り切った関係だったが、やがて女性の方が本気になってしまった。ところが、男には真剣につき合う気がなかった。そこで彼女は、男がいつも使うコンドームに、こっそりと穴を開けたという。目的は自分が妊娠するため。子供ができれば彼が本気になってくれると思ったらしい。

 

彼女がそのまま黙っていれば、おそらく裁判沙汰にはならなかっただろう。だが、彼女はわざわざメッセージアプリで「妊娠した」と彼に嘘の告白をし、ついでにコンドームに穴を開けたことも教えてしまったのだ。それで男性は彼女を刑事告発した。これが裁判に至った経緯だ。

 

スポンサーリンク

穴開けは性的暴行に当たる

 

裁判所で、彼女は穴開け行為を認めた。ところがその後、少し困ったことになった。

 

検察も裁判官も、穴開け行為が犯罪であるということで意見は一致した。だが、具体的に何の罪で彼女を罰すればいいか、がはっきりしなかったのだ。極端な話、単なる器物破損という見方もできるだろう。

 

裁判官は、結局、「ステルシング(stealthing)」に関する過去の判決を参考にした。ステルシングとは、主に男性が性行為中に密かにコンドームを取り外すことで、性的暴行と見なされ、ドイツでは過去に有罪判決が下っている。

 

今回の裁判官は、男女が逆でもステルシングの概念が当てはまるとし、この女性に執行猶予つき6ヶ月の判決を言い渡した。コンドームに穴を開けるのは、男性がコンドームを外すのと同じと見なされたわけだ。

 

この判決は、女性にもステルシングが成立することを示した点で、「歴史的である」と裁判官はコメントしている。(了)

 

出典元:Metro:Woman who poked holes in condoms to get pregnant convicted of ‘stealthing’(5/6)

出典元:DW:Germany: Woman sentenced for poking holes in partner’s condoms(5/5)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top