Switch news

知っておきたい世界のニュース

英元首相・サッチャー氏の銅像、設置後に卵が投げつけられる

英元首相・サッチャー氏の銅像、設置後に卵が投げつけられる
Twitter/South Kesteven District Council

イギリスで、マーガレット・サッチャー元首相の銅像が設置されたのだが、すぐに卵が投げつけられたという。

 

設置後、すぐに卵が投げつけられる

 

サッチャー元首相の銅像は5月15日、彼女の地元であるリンカンシャーのグランサムに設置されたという。

 

この銅像は高さ10フィートの台座に置かれたが、実は設置には物議が醸され、計画は最初に承認されてから3年以上も経過していたそうだ。

 

そして今回、銅像が置かれてから、2時間もたたないうちに、男性によって卵がぶつけられてしまった。

 

Twitter/Joe Giddens
スポンサーリンク

以前から反対運動が計画されていた

 

2013年に亡くなったサッチャー氏は、ヨーロッパにおいて初めて民主的に選ばれた女性首相だった。

 

しかし失業率を急上昇させる一方で、富裕層の税を軽減。金融業界の規制緩和を行うと同時に、公益企業の民営化を進め、以前にも増して貧富の差が拡大し、彼女の政策の評価については大きく意見が分かれてきたという。

 

サッチャー元首相の銅像は、もともとロンドンにある議会広場に設置される予定だったが、2018年に議会によって却下され、この町に移される計画になったとか。

 

そして2020年に10万ポンドをかけた大規模な除幕式が地方議会によって承認されたが、その後Facebookのグループがそのイベントで「卵投げコンテスト」を提案した。

 

すると約1万3000人が「卵投げコンテスト」に参加する可能性を表明。このため大規模な除幕式は中止され、今回、極めて控えめな方法で、像は所定の位置に下ろされたという。

 

正式な除幕式は、後日行われる予定だとされている。

 

リンカンシャー警察は、午前10時過ぎに銅像への犯罪被害の報告を受けたことを確認している。ただしまだ逮捕者は出ておらず、捜査は続いているという。(了)

 

 

出典元:The Guardian:Margaret Thatcher statue egged within hours of it being installed(5/15)

出典元:METRO:Margaret Thatcher statue egged by protester two hours after it’s unveiled(5/15)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top