Switch news

知っておきたい世界のニュース

イギリスのエリザベス女王が逝去、発表までの経緯とは?

イギリスのエリザベス女王が逝去、発表までの経緯とは?
Twitter/The Royal Family

イギリスの女王、エリザベス2世が9月8日(現地時間)、滞在先のスコットランド・バルモラル城で亡くなった。96歳だった。

 

死去発表までの経緯

 

9月8日12時30分、バッキンガム宮殿は、医師が女王の健康を懸念し、女王を医師の監視下に置くよう勧告したとの声明を発表した。

 

12時35分、下院議長のリンゼイ・ホイル卿は、討論中のスコットランド国民党のイアン・ブラックフォード氏の演説を中断し、国会議員に次のように述べたという。

 

「全議員を代表して申し上げますが、我々は女王陛下に最善の願いを送り、この瞬間も我々の思いと祈りは、女王と王室のご家族に捧げられています」

 

午後1時には、王室の高官たちが女王とチャールズ皇太子のもとへ向かうという報道がなされた。

 

世界中の政治家や指導者が女王の無事を祈る声明を出し始め、バッキンガム宮殿やウィンザー城などには一般市民が集まってきたそうだ。

 

午後4時30分、トラス新首相は、サイモン・ケース内閣官房長官から女王が死去したことを知らされる。

 

午後5時、ノースオルト空軍基地からスコットランドへの飛行の後、王室一家を乗せた車両がバルモラル城に到着するのが目撃された。

 

ウィリアム王子は「レンジローバー」のハンドルを握り、アンドリュー王子、エドワード王子とその妻、ウェセックス伯爵のソフィーも同乗しているのが目撃されたという。

 

午後6時30分、バッキンガム宮殿は、女王が96歳で亡くなったことを正式に発表。「女王は今日の午後、バルモラルにて安らかに息を引き取りました」と述べ、そのニュースはメディア各社によってイギリスと世界中に伝えられた。

 

 

18時40分、女王の死を告げる公報がバッキンガム宮殿の外に置かれ、そこにはすでに数時間前から大勢の人々が集まり、追悼の意を表し、花を供えていたという。また女王の死が発表される直前、バッキンガム宮殿の上空には二重の虹が現れたそうだ。

 

Twitter/Jennifer Valentyne

 

19時4分、バッキンガム宮殿は、チャールズ皇太子による君主としての最初の声明を発表。チャールズ皇太子は声明において、母親の死について次のように語った。

 

「私の最愛の母である女王陛下の死は、私と私の家族全員にとって最大の悲しみの瞬間です。私たちは、大切な君主と、多くの人に愛された母の死を深く悼みます」

 

 

午後7時5分。ダウニング街(首相官邸)の外で、トラス首相は女王を「近代英国を築いた礎石」と称え、この国で最も長く君臨した君主への賛辞を述べたという。

 

スポンサーリンク

さまざまな建物で半旗が掲げられる

 

女王の死を受け、バッキンガム宮殿では午後6時30分に半旗が掲げられた。またイギリスおよび英連邦のランドマーク的な建物でも、国旗が半旗に下ろされたという。

 

またフランス・パリにあるエッフェル塔は午前0時に消灯し、アメリカ・ニューヨークにあるエンパイア・ステートビルは、紫色にライトアップされた。

 

Twitter/Empire State Building

 

すでにアメリカの歴代大統領らや、フランスのマクロン大統領、インドのモディ首相など、世界各国の指導者や元リーダー、政府が弔意を示している。

 

スポンサーリンク

25歳で即位、激動の時代の女王

 

1952年2月6日に25歳の若さで女王に即位したエリザベス2世は、70年という在任期間を誇り、世界で最もよく知られた国家元首だったという。

 

数十年にわたる激動の時代に、君主制の舵取りを成功させ、より困難な時期には彼女の個人的な人気が支えとなったそうだ。

 

15人の首相が彼女に仕え、女王の並外れた知識、世界情勢に関する経験、政治的中立性の卓越性が証明された、と報じられている。

 

スポンサーリンク

国葬が執り行われる予定

 

長男のチャールズ皇太子は直ちに国王となったが、正式な戴冠式はしばらく先となり、できるだけ早くセント・ジェームズ宮殿で行われる予定だという。

 

また女王の葬儀は、伝統に従って国葬とされる。国葬はほとんどの場合、君主にのみ許されているが、稀に「君主の命令」と「議会の投票」により、王室以外の著名な人物が対象になることもあった。

 

イギリスで最後に行われた国葬は1965年のチャーチル元首相のもので、君主の国葬は1952年の女王の父、ジョージ6世のものが最後となっている。(了)

 

出典元:The Guardian:Queen Elizabeth II dies: King Charles III expresses ‘greatest sadness’ upon passing of his mother in first statement as monarch – latest updates(9/8)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top