Switch news

知っておきたい世界のニュース

羽生選手が失敗した4回転半に、米10代選手が成功、世界初に認定【動画】

羽生選手が失敗した4回転半に、米10代選手が成功、世界初に認定【動画】
Twitter/U.S. Figure Skating@USFigureSkating

フィギュアスケート男子のイリヤ・マリニン選手(17才)が、国際スケート連盟の公認大会で、史上初の4回転半ジャンプ(クワッドアクセル)を成功させた。

 

羽生結弦選手に刺激された

 

それはアメリカ・レークプラシッドで開催されたUSインターナショナルクラシックでのこと。マリニン選手はフリー演技の最初のジャンプで、4回転半を見事にキメた。

 

試合後、海外メディアに彼はこう話した。

 

「とても気分がいいです。練習中は苦労しなくても(4回転半)ジャンプのタイミングがうまく取れるのですが、プレッシャーがかかる試合となると話は別です。それで僕は、いつもの練習場で跳ぶ気持ちで跳びました。それがいい感じでした」

 

2014年と2018年の冬季五輪で優勝し、今はプロに転向することを表明している羽生結弦さんも、北京五輪で4回転半に挑戦したが、転倒している。マリニン選手はインタビューでそのことにも触れた。

 

「だいぶ前からそれに挑戦しようとは思っていました。実際に練習し始めたのは3月か4月頃です。彼(羽生)に刺激されたことはもちろんですよ」

 

アメリカフィギュアスケート連盟が、ツイッターに動画をアップしている。投稿文には「歴史が作られた!」とある。

 

スポンサーリンク

マイナーな舞台で

 

USインターナショナルクラシックは、公認の国際大会ではあるが、比較的マイナーな競技会。海外メディアによれば、当時会場は閑散としており、マリニン選手の偉業を実際に見れた観客は少なかったとのこと。だが4回転半成功のニュースが広がると、フィギュアファンや関係者の間に衝撃が走ったと報じられている。

 

同大会の男子フィギュアの結果は、1位 マリニン選手、2位 フランスのKevin Aymoz選手、3位 アメリカのCamden Pulkinen選手だった。

 

マリニン選手はアメリカ・バージニア州出身。両親はロシア生まれのウズベキスタン人で、父母ともにスケート選手だった。これまで国内外の競技会で優秀な成績を収めており、将来が期待されている。(了)

 

出典元:New York Post:American teen Ilia Malinin makes figure skating history with quadruple axel(9/15)

出典元:AP News:American skater Malinin lands first quad axel in competition(9/15)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top