【ブラジル】病院の前で帰らぬ主人を、4カ月も待ち続けるワンコの姿が切ない


病院の前で帰らぬ主人を待ち続けるワンコが、ブラジルで話題となっている。

 

ワンコが救急車を追いかけ病院へ

 

そのワンコの名前は分かっていないが、地元メディアによればワンコはSanta Casa de Novo Horizonte病院の前で、すでに数カ月も飼い主が戻ってくるのを待っているという。

 

飼い主は59歳になるホームレスでの男性で、ワンコとずっと一緒に暮らしてきたと見られている。

 

しかし昨年の10月、街でのケンカに巻き込まれて、ナイフで刺されてしまう。そしてケガを負い、病院へ救急車で搬送されたと言われている。

 

その際、ワンコは救急車を追いかけ、病院へ到着。以来、ずっと病院の前で主人を待ち続けてきたそうだ。

病院スタッフが水やエサを与える

 

しかし残念なことに、その後ホームレスの男性は死亡してしまう。そのことを知らないワンコは、2カ月間も病院の玄関前で待ち続けたという。

 

病院のスタッフはそんな哀れなワンコに水やエサを与え、最終的には病院から3km離れたケンネルにワンコを預かってもらうことに。

 

ケンネル側も喜んで引き受け、その後新しい飼い主も見つかったようだが、ある日病院の関係者はショックを受ける。

 

というのも新しい飼い主に預けられてからまもなく、ワンコはそこを抜け出し、再び病院の前に姿を現したからだ。

 

しかもその後も病院の前に座り、一度も建物内に入ろうともせず、4カ月間も帰らぬ主人を待ち続けているという。

 

無論、このようなエピソードは過去にもさまざま紹介されているが、4カ月も待ち続けるとは、このワンコの主人への愛情の深さは人間以上なのかもしれない。(了)

 

 

出典元:INDEPENDENT:Loyal dog refuses to leave hospital where owner died four months ago(3/8)

出典元:METRO:Loyal doggo refuses to leave hospital where owner died months ago(3/9)