Switch news

知っておきたい世界のニュース

ショーン・コネリーの未亡人、93才とは思えないビキニ姿を披露

ショーン・コネリーの未亡人、93才とは思えないビキニ姿を披露
Instagram/onlyseanconnery

ショーン・コネリーの未亡人であるミシュリーヌ・ロクブリュンさんの、最近の姿がインスタグラムに投稿された。バハマの海でバケーションを楽しむ彼女は、なんとビキニ姿で写っている。しかも凄いのは、93才という年齢を感じさせない彼女の体型だ。

 

孫娘がインスタに投稿

 

モロッコ人とフランス人の血を引くロクブリュンさんは、ジェームズ・ボンド役で知られたスコットランドの俳優(故)ショーン・コネリー氏と1975年に結婚。2020年に彼が90才で亡くなるまで、夫婦として共に暮らした。

 

写真をインスタグラムに投稿したのは、孫娘のサスキア・コネリーさん。エメラルドグリーンの海を背景に、ヨットの上で2人並んで写っている。

 

Instagram/saskiaconnery
Instagram/saskiaconnery

 

サスキアさんは26才。彼女の体型とはさすがに比較にならないが、ロクブリュンさんの体は、老いを拒否しているかのように若々しいと言っていいだろう。しかもビキニを着るという大胆さ。

 

サスキアさんのフォロワーたちも、その点をしっかり見ているようだ。「93才にしては何というボディだ。いいぞ」、「素晴らしい」、「90ちょっとの歳でこれは、相当なものと言うべきだ。若い頃はきっと、孫娘のように美人だったに違いない」といったコメントが寄せられている。

 

スポンサーリンク

ゴルフトーナメントで知り合った仲

 

伝説的なハリウッド俳優であるコネリー氏とロクブリュンさんの最初の出会いは、モロッコで開催されたゴルフトーナメントだった。ロクブリュンさんの本職は画家だが、ゴルフが得意で、若い頃は多くのトーナメントでプレイしていたらしい。

 

それから5年後に2人は結婚。ロクブリュンさんにとっては3度目、コネリー氏にとっては2度目の結婚だった。ちなみに、コネリー氏の一人目の妻はオーストラリアの女優ダイアン・シレント。1962年から1973年まで籍は入っていたが、コネリー氏がロクブリュンさんと交際し始めた頃は、すでに別居していたと報じられている。

 

ロクブリュンさんは、コネリー氏が亡くなるまで、バハマ諸島のニュー・プロビデンス島で共に暮らしていた。(了)

 

出典元:New York Post:Sean Connery’s widow, 93, stuns in bikini: ‘What a body!’(8/15)

出典元:Express:Sean Connery’s widow Micheline, 93, poses in bikini with stunning granddaughter Saskia, 26(8/13)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top