Switch news

知っておきたい世界のニュース

フランス人発明家、アイアンマン風のボディスーツにタイヤをつけ地面すれすれに疾走

フランス人発明家、アイアンマン風のボディスーツにタイヤをつけ地面すれすれに疾走
YouTuberollerman

体にいくつかのローラーをつけて、速いスピードで道路を下っていく発明家が注目を集めている。

 

胸や腕、膝や足に付けられたローラー

 

その発明家とは、「ローラーマン」と呼ばれているフランス人のJean-Yves Blondeauさん(49)だ。

 

彼はアイアンマン風のボディスーツに、32個の小さなタイヤ(ローラー)を装着。

 

胸や腕、膝や足に付けられたローラーで、道路を走っていく方法を考案した。

 

このスーツは「Buggy Rollinスーツ」と呼ばれ、Blondeauさんは実際にこれを着て、自ら丘を下っていく動画を複数撮影。それらの1つは中国のソーシャルメディアでも注目を浴び、5500万回も再生されたとか。

 

大学の卒業テーマで考案

 

彼はもともとこれを、パリにある工業デザインの大学での卒業テーマとして考案。その後改良を重ね、1990年半ばには実際に、パリの路上で走行する姿を披露したという。

 

それ以降もBlondeauさんは「Buggy Rollinスーツ」を改良し続け、現在までに20バージョン(世代)も作り出してきたそうだ。

 

彼はこのスーツを着て、地上すれすれに走っていくのだが、最新のスーツでは時速125kmも出るようになっているという。

 

またBlondeauさんは現在、電気モーターを使った新しいバージョンも開発しているところだと述べている。(了)

 

 

出典元:MailOnline:French inventor, 49, hits heart-stopping speeds of 78mph in his amazing Iron Man-style armoured suit with 32 wheels(3/7)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top