Switch news

World News Odyssey

Pickup

山火事で牧場に取り残された2匹の犬が、90頭の羊を火の手から守りぬく

山火事で牧場に取り残された2匹の犬が、90頭の羊を火の手から守りぬく
Facebook/Lynn Landry

激しい山火事で牧場に取り残された牧羊犬が、彼らだけで多くの羊を守り抜いたとして、カナダで話題となっている。

 

羊や犬を残していかざるを得ず

 

その牧羊犬とは、ブリティッシュ・コロンビア州の「100 Mile House」という小さな村で飼われていた、マレンマ・シープドッグの「Tad」と「Sophie」。

 

飼い主のLynn Landryさんは牧場を経営し、90頭の羊も育てていたが、山火事による非常事態宣言が出される前日の7月6日、家から離れた所に渦を巻く煙を見たという。

Facebook/Lynn Landry

当時、すでに消防活動は行われていたが、日が暮れるに従い作業は中断され、その結果火が勢いを増し、Landryさんの家にも迫ってきたそうだ。

Facebook/CaribooRadio.Com

そのため彼女や近所の人々は、家を離れることを決断。Landryさんは飼っていた90頭の羊と、愛犬の「Tad」と「Sophie」も残していかざるを得なかったという。

 

2匹が山火事やクマなどから羊を守る

 

やがてLandryさんは2匹の犬のために16kgのドッグフードをおいて避難。その後、20日間も家に戻ることができなくなってしまう。

 

やっと家に帰ることができた日も、上空にはまだヘリコプターがおり、湖から水を汲んで残った火事を消す作業を行っていたとか。しかもLandryさんの近所の家は山火事によって焼け落ちていたそうだ。

 

しかしLandryさんの牧場では、1匹を除いて全ての羊たちがおり、「Tad」と「Sophie」もその羊たちに囲まれて生き延びていたという。

Facebook/Lynn Landry

Landryさんは取材に対し次のように語っている。

 

「2匹は羊たちを山火事からだけでなく、クマやコヨーテからも守り抜いたのです。羊たちは、彼らがいなければ生き残ってはいなかったでしょう。私たちは彼らにステーキを与えました。そしてよく撫でてあげました」

 

その後、「Tad」と「Sophie」のエピソードは広がり、多くの人々が2匹の勇敢さを称えたという。

 

カナダで起きたこの山火事により、7月の初旬以来4万5000人以上が家を離れることを余儀なくされたと言われている。(了)

 

出典元:BBC:Two sheepdogs protected flock during British Columbia wildfire(8/30)

Return Top