英国会でもレイプ問題が浮上、党の女性職員による衝撃的な告白で波紋が広がる

  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

アメリカでは、映画プロデューサーのハービー・ワインスタイン氏による性的暴行事件が次々と暴露されているが、イギリス議会でも党の元女性職員がレイプ被害を訴え、問題となっている。

 

党のパーティで職員からレイプ

 

その女性とは最大野党である労働党の職員として働いていたBex Baileyさん(25)。彼女は10月31日にBBCのラジオ番組に出演し、2011年に労働党職員の男性からレイプされたことを告白した。

 

それによれば、当時19歳だったBaileyさんは労働党の全国執行委員会に所属し、党のパーティに出席した際に、幹部から強姦されたという。

 

その幹部は国会議員ではなかったが、当時彼女は訴える勇気がなく、2年後に党の他の職員に相談したそうだ。

 

しかしその際、他の職員はレイプ事件を公にしたら、Baileyさん自身のキャリアにも傷がつくとアドバイスしたとか。

 

「訴えたら君が損害を被る」

 

BaileyさんはBBCの取材に対し、当時警察に訴えなかったことについて、次のように語っている。

 

「なぜなら、私は多くの女性も訴えないと思ったからです。私は恐ろしかった。それに恥ずかしいと感じていました。私には労働党がゴシップ好きだと分かっていましたし、このことを人々に知られたくないと思ったのです。また私は皆から信じてもらえるかどうか心配だったのです」

 

しかし2年後の2013年、Baileyさんは勇気を出して労働党の職員に告白。その気持ちの変化について次のように述べている。

 

「党の誰かにこのことを話す勇気を奮い立たすのに、しばらく時間がかかりました。しかし告白した党の上級職員は私に『訴えない方がいい』と示唆しました。私は言われました、もし訴えたら私自身が損害を被ると。もっともそれは彼らの率直な意見だったのかもしれません。このようなケースでは、党が深刻な問題を抱えることを示しているからです」

 

女性らを支援する独立機関の設置を提言

 

Baileyさんは議会におけるレイプ事件での問題点を、次のように指摘している。

 

「このような問題は、打ち明けられた職員にかかっています。その人間は恐らく労働党に忠誠を尽くしている人で、被害を打ち明けた個人よりも党への忠誠を第一に考える傾向にある人かもしれません。だからこのことを党の職員に話すのは本当に難しいのです。その職員は、被害者が訴えようとしている加害者の友人かもしれませんし、政治的に協力関係にある人物かもしれないからです。そのため加害者を守ったり、労働党自体を守ったりすることを優先するかもしれないからです」

 

その上でBaileyさんは、被害者が警察に訴えても損害を被らないようにするため、女性らを支援する独立機関を設置することを訴えているという。

 

2011年当時、労働党の党首だったEd Miliband氏は、今回のBaileyさんの告白について、とても大きな勇気を示してくれたと賞賛。同時に「告白した被害者には支援が与えられなければならない。これらの疑惑は警察や労働党によって徹底的に調査されなければならない」と語っている。

 

イギリス議会では以前から同様の性的暴行に関する噂などが囁かれていたそうだが、このような告白をきっかけに新たな事実が明らかになっていくのかもしれない。(了)

 

出典元:METRO:Labour activist says she was raped at party event and warned not to report it(10/31)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!


  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •