Switch news

埋葬したはずの息子が玄関前に出現、ロシア人の母親もびっくり

埋葬したはずの息子が玄関前に出現、ロシア人の母親もびっくり
Googlemap

死んだはずの男性が実家に現れ、母親がショックを受けるという出来事がロシアで報じられている。

 

行方不明後に遺体発見、埋葬

 

その母親とは、サンクト・ペテルブルグの北西、クロンシュタットに住むAntonina Mikhailovnさん(62)だ。

 

彼女は今年の初め頃、息子のKonstantinさん(40)が6日間も戻ってこないことに気づき、3月18日に行方不明になっていることを警察に届け出たという。

 

その1カ月後、警察はKonstantinさんらしき人物の遺体を発見。Antoninaさんが現場に呼ばれて、その遺体がKonstantinさんのものであると確認した。

 

やがてAntoninaさんと、息子の別れた妻、その娘とが葬儀に参列。Konstantinさんのものとみられる遺体は火葬された後、地元の墓地に埋葬されることに。

 

玄関に息子が立っていた

 

ところがその4カ月後、Antoninaさんがドアをノックする音を聞き、玄関に出てみると、なんとそこにはKonstantinさん本人が立っていたという。

 

Antoninaさんはそこに息子がいるのを見てショックを受け、思わず倒れそうになったとか。

 

しかも息子のKonstantinさんは失踪した理由について「ただ人生の意味を考えるため、自分が何をすべきかを考えるため、誰にも言わず留守にしていた」と答えたそうだ。

 

「当時は混乱していた」

 

現在、警察はKonstantinさんがすでに公に死亡したことが宣告されているため、どのようにすればいいのか、分からない状態だという。

 

一方、Antoninaさんは遺体発見現場で身元確認を間違ったことについて謝罪。当時はとても混乱していたと説明した上で、次のように述べている。

 

「彼(遺体の人物)は、とても似ている(馴染みがある)ように見えました。だから私は警察に、『これは私の息子です』と告げたのです」

 

やはり出掛ける時は、必ず身近な人に伝えておくことが必要なのだろう。(了)

 

 

出典元:Mirror:Mum’s shock as ‘dead’ son shows up on her doorstep months after his burial(9/14)

出典元:METRO:Mum collapses in shock as ‘dead’ son turns up on her doorstep(9/12)

Return Top