Switch news

World News Odyssey

Pickup

メキシコで168人もの人骨が発見、麻薬戦争に巻き込まれた犠牲者か

メキシコで168人もの人骨が発見、麻薬戦争に巻き込まれた犠牲者か
Pexels

麻薬を巡る殺人事件が絶えないメキシコで、168人分の人骨が発見されたことが分かった。

 

168人の人骨と114点の身分証明書

 

メキシコで168人分もの大量の人骨が発見されたことが伝えられたのは、今月6日。

 

同州検察のJorge Winckler氏によると、発見地はメキシコ東部のメキシコ湾岸に位置するベラクルス州だ。安全面への懸念から、発見地の正確な場所については伝えられないとしている。

 

Winckler氏によると、今回発見された人骨は少なくとも2年以上前に埋められたものであるという。

 

人骨は32もの地点に埋められており、人骨と共に114点もの身分証明書、衣類、私物も見つかっているとのことだ。

 

 

この発見の端緒について、Winckler氏は目撃者によって“数百もの遺体”が埋められているとの情報が寄せられたためとしている。その後検察はドローンや探査機、レーダーなどを駆使した捜査を行い、約1カ月前から地面を掘り返す作業を行ってきたという。

 

また今後の捜査では、個人を特定するためデータベース上の近年行方不明となった人の情報と、DNAサンプルを照合させる作業が行われるとのことだ。

 

 

昨年は250人以上の人骨も発見

 

一方、ベラクルス州で大量の人骨が発見されるのは今回が初めてのことではない。

 

同州では昨年、250人以上もの大量の人骨が埋められているのが発見されている。

 

ベラクルス州は近年麻薬カルテル同士の争いの主戦場となっており、誘拐や恐喝といった犯罪も絶えない。

 

同州では212もの自治体のうち、半数以上もの自治体で大量の人骨が発見されているという。さらに現在も州内だけで数百もの人が行方不明となっている。

 

そのようなベラクルス州の現状について、Winckler氏は「州は墓地と化しつつある。それは恐ろしく悲しい現実だ」と述べ危機感を露わにしている。

 

 

さらにメキシコ全体でみると、事態はより深刻だ。

 

メキシコでは昨年3万人もの人が殺害。現在も4万人もの人が行方不明となっている。

 

なぜこれほど多くの人が殺害されているのか

 

しかしメキシコではなぜこれほど多くの人が犯罪に巻き込まれ、命を落とすことになってしまっているのだろうか。

 

事の発端は、2006年12月まで遡る。

 

この時当時の大統領、フェリペ・カルデロン(Felipe Calderon)大統領が麻薬カルテル一掃のため、“麻薬戦争”を宣言。

 

これに端を発し、メキシコでは麻薬カルテル間の抗争が激化すると共に、殺人や犯罪が拡大する結果を招いたとされている。

 

一方、多くの人の殺害と死体遺棄に関しては、麻薬カルテルのような犯罪組織と当局側の癒着も疑われている。

 

Winckler氏はこれに関し、「政府の役人と麻薬組織は、ライバル組織を違法に逮捕するため手を組んでいる。そして拷問を行った後に殺害し、死体を消している」という。

 

さらに昨年ベラクルス州で大量の人骨が発見された際、当時メキシコ内務省人権部局に所属していたロベルト・カンパ(Roberto Campa)氏は、「このようなことは警察との共謀によってのみ起こり得る」と指摘。

 

「このようなことを、長きにわたり警察の知ることなくして行うことはできない」と糾弾していた。

 

留まることを知らないメキシコの麻薬戦争。麻薬カルテル同士の争いに終止符を打ち、尊い命の犠牲をなくすことができる日はいつ訪れるのだろうか。(了)

 

 

出典:Washington Post:Investigators found 168 skulls in a mass grave in Mexico. They’re part of a national nightmare.(9/7)

出典:The Guardian:Mexico: investigators find 166 skulls in clandestine burial pits (9/6)

出典:AFPBB News:メキシコの殺人件数、過去最悪に 昨年2万5000件超(1/21)

Return Top