Switch news




身柄拘束の際には既に半分制覇!エッフェル塔に登った男が逮捕される

身柄拘束の際には既に半分制覇!エッフェル塔に登った男が逮捕される
Twitter / Sotiri Dimpinoudis

フランス・パリのシンボル、エッフェル塔に男がよじ登り、逮捕されたことがわかった。

 

身柄拘束まで7時間も

 

エッフェル塔に登ったとして逮捕されたのは、ロシア人の男。男の名前は明かされていない。

 

事件が発生したのは今月20日の午後のこと。

 

ロシア人の男は通常通りの方法で入場した後、安全柵を乗り越えて塔へと登り始めたという。

 

 

この影響により、エッフェル塔を訪れていた2500人もの人が避難し、塔への入場も制限された。

 

塔の最上階には男の身柄が確保されるまで、多くの人が取り残される形に。取り残された人らは封鎖が開始された14時15分頃(現地時間)から、男の身柄が拘束される21時半頃まで、約7時間もその場にいることを余儀なくされたようだ。

 

身柄が拘束された際、男は既に塔の半分ほどを登っていたという。

 

 

エッフェル塔へと登った動機は明らかとなっていないものの、男はフランスに亡命することを望んでいたと伝えられている。

 

またある情報筋の話によれば、男が自殺傾向を示していたため、文化財への不法侵入で警察の取り調べを受けた後、精神科へ入院したという。

 

エッフェル塔に登った人はこれまでにも…

 

一方、エッフェル塔に登ったのは、今回の男が初めてではない。

 

2015年にはイギリス人で様々な高層ビルに登頂してきたクライマーのJames Kingstonさんも、エッフェル塔を登っている。

 

 

さらにこの年には、Kingstonさん以外にも2人がエッフェル塔を登ったことが明らかになっているという。

 

ちなみにエッフェル塔の高さは地上324メートル。これは81階建てのビルに相当する高さであるとのこと。

 

Unsplash

 

エッフェル塔に登るという、なんとも命知らずな行為を行ったロシア人の男。本人が危険なばかりでなく、塔を訪れる多くの観光客も迷惑を被るということを考え、このような行為はやめてほしいものだ。(了)

 

出典:The New York TimesMan Who Climbed Eiffel Tower Is Taken Into Custody(5/20)

出典:CNN:Man caught climbing the Eiffel Tower(5/20)

出典:The Moscow Times:Climber Who Shut Down Eiffel Tower Was Russian – Reports(5/21)

Return Top