Switch news

カナダでオオカミがキャンプ中の4人家族を襲撃、付近にいた男性が助けに向かう

カナダでオオカミがキャンプ中の4人家族を襲撃、付近にいた男性が助けに向かう
flickr_louise.helen

カナダへキャンプに出かけた家族が、オオカミに襲われ、かろうじて撃退することができた。

 

テントを裂き、父親を引きずろうとする

 

カナダ政府の機関「Parks Canada」の報告によれば8月9日、アメリカのニュージャージー州からきた4人家族が、アルバータ州のBanff国立公園でキャンプをしていたという。

 

午前1時、家族はテントの中で眠っていたが、そこへ1頭のオオカミが出現。突然、テントを引き裂いたそうだ。

 

父親のMatthew Rispoliさんは、妻のElisaさんと2人の息子の前に立ちはだかるが、やがてオオカミによって腕を噛みつかれてしまう。

 

しかも、やがてオオカミはテントからMatthewさんを引きずり出そうとし始めたという。

 

This is a hard thing to post, since I haven’t fully comprehended that it happened yet. Last night, while sleeping in our…

Elisa Rispoliさんの投稿 2019年8月9日金曜日

付近でキャンプしていた男性が助けに向かう

 

この時、家族は叫び声をあげたのだが、その声を近くでキャンプをしていたRuss Feeさんが聞きつけ、救助に向かったそうだ。

 

Feeさんはオオカミに向かって走り続け、たどり着くとオオカミの尻の部分を蹴り上げたという。

 

これによりオオカミはMatthewさんを放し、テントからも抜け出たため、FeeさんとMatthewさんは大きな声を出して、石を投げつけたそうだ。

 

またその間に、Elisaさんと子供たちは、Feeさんのミニバンの中へ避難。やがてオオカミは姿を消していったという。

 

腕に傷を負うも、病院で治療を受ける

 

Matthewさんは腕に刺されたような傷が残り、両手にも裂傷を負っていたが、その後病院へ搬送されて治療を受け、今では容態は良いようだ。

 

妻のElisaさんはこの事件について、フェイスブックに投稿。次のように語っている。(以下は抜粋)

 

「それはホラー映画を見ているようでした。この事件が永遠に続くように思えました。もしかしたら状況はもっと悪くなっていたかもしれません。今、こうして家族の皆とここに(病院に)座っていられることに、ただ感謝しています」

 

翌朝、オオカミは「Parks Canada」の職員によって、射殺されたという。(了)

 

 

出典元:FOX6:Wolf attacks family of 4 on camping trip in Canada(8/14)

Return Top