Switch news

知っておきたい世界のニュース

ポーランドのロードレースで大事故、選手がフェンスに激突し、昏睡状態に

ポーランドのロードレースで大事故、選手がフェンスに激突し、昏睡状態に
Twitter/World Cycling Stats

ポーランドで行われた自転車ロードレースで後半、事故が起き、選手の1人が大ケガを負った。

 

トップスピードでフェンスに激突

 

その事故が起きたのは8月5日、「ツール・ド・ポローニュ」の第1ステージのレースの最中とされている。

 

当時、選手たちはゴールを目前にし、横に並んでスパートをかけていたという。

 

その時、右端を走っていたオランダ人のFabio Jakobsen選手(チーム:ドゥクーニンク・クイックステップ)が、トップスピードのまま防護フェンスに激突。そのままフェンスを突き破り、そばにいたオフィシャルスタッフ(カメラマンとの報道も)にぶつかった。

 

またその衝撃でフェンスやバナーボードも吹き飛ばされ、それらに他の選手も巻き込まれてしまう。そしてバイクはドミノ倒しのようになり、他の選手も地面にたたきつけられた。その様子がこちら。(ショッキングな場面のため、閲覧にはご注意頂きたい)

 

今後、頭蓋骨や顔の手術が必要

 

Jakobsen選手はこの事故で、顔や胸に複数のケガを負い、昏睡状態に陥り、すぐに病院へと搬送されたという。

 

そして集中治療室へ運ばれたが、医師は、現在彼の容態は安定していると語っている。しかし今後、頭蓋骨や顔などの手術が必要になるそうだ。レース・ドクターは次のように語っている。

 

「それは深刻な頭と脳の外傷です。私たちはできる限りのことをしました。医療チームもすぐにやってきたのです。最大の問題は挿管や口蓋への大きな外傷、激しい出血でした。健康状態は非常に深刻であり、生命に対して直接的な脅威になっています」

 

実はJakobsen選手はゴール間際で、Dylan Groenewegen選手(チーム:ユンボ・ビスマ)と肘がぶつかり合う距離で、ポジション争いをしていたという。

 

そしてGroenewegen選手が右に急に進路を変えたため、 Jakobsen選手は防護フェンスに押し付けられる形となり、そのまま激突してしまう。

 

国際自転車競技連合は、Groenewegen選手の「危険行為」を厳しく非難。また、クイックステップのPatrick Lefevere代表は同選手の動きを「犯罪行為」と表現している。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Dutch rider Fabio Jakobsen left fighting for his life in induced coma following horror crash on final sprint in first stage of Tour de Poland after flying over barriers while jostling for victory, leading to mass pile-up(8/6)

出典元:cyclowired:ポローニュ初日に大事故発生 フェンスに突っ込んだヤコブセンが人工的昏睡状態に(8/6)

出典元:AFP:23歳新鋭がレース事故で昏睡、所属先は「犯罪行為」と非難 自転車(8/6)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top