Switch news

知っておきたい世界のニュース

フランスで教師が首を切断され死亡、授業でムハンマドの風刺画を使用

フランスで教師が首を切断され死亡、授業でムハンマドの風刺画を使用
flickr_EDDIE

パリの郊外で、教師が何者かに首を切られて殺害され、現在捜査が進められている。

 

学校のそばの通りで首を切断

 

殺害された男性教師のとはSamuel Patyさん(47)、学校では歴史と地理を担当していたという。

 

そしてある日の授業で、生徒らにイスラム教の預言者「ムハンマド」の漫画を見せながら、「表現の自由」について教えたそうだ。

 

しかし10月16日の17時頃(現地時間)、Conflans-Sainte-Honorine地区の学校のそばにある通りで、Patyさんは大きなナイフを持った犯人に襲われ、殺されてしまう。

 

警察官が発砲、犯人を射殺

 

犯人の男は教師を殺害後、その首を切り落とし、そのまま逃走。しかし地元住民の通報を受けた警察官が駆けつけ、やがて犯人を発見、逮捕に応じるよう促した。

 

しかし犯人はなおも脅し続けてきたため、警察官が発砲。その後、犯人の死亡が確認されたとか。

 

犯人は、ロシア・モスクワ生まれでチェチェン共和国出身の18歳の男とみられ、現在も捜査が続けられているという。

 

大統領はテロ攻撃だと主張

 

フランスのマクロン大統領は、その後犯行現場を訪れ、この事件がイスラム過激派によるテロ攻撃だと主張。「教師は表現の自由を教えたために殺害された」と述べたという。

 

フランスでは9月2日、新聞社「シャルリー・エブド」が再び、ムハンマドの風刺画を掲載し、25日には以前オフィスのあった場所で、無関係の2人がイスラム過激派と見られる男2人によって刃物で襲われる事件が起きている。

 

また学校でもシャルリー・エブド事件を議論する際に、ムハンマドの風刺画を使ったとして、イスラム教徒の親が、学校に苦情を申し入れていたそうだ。

 

そしてある女子生徒の父親が、 Patyさんの免職を求めネット上で呼びかけ、事件の数日前には、Patyさんの名前と学校の住所をソーシャルメディア上に投稿。先週に入り、イスラム教とその預言者が学校で「侮辱された」と語るビデオメッセージを投稿したとも言われている。(了)

 

 

出典元:BBC:Terror inquiry after teacher beheaded near Paris(10/16)

出典元:REUTERS:Teacher knifed to death in France after showing class cartoons of Prophet Mohammad(10/17)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top