Switch news

知っておきたい世界のニュース

【潜水艦沈没事故】インドネシア海軍が乗組員の過去の動画を公開

【潜水艦沈没事故】インドネシア海軍が乗組員の過去の動画を公開
Instagram/erixsoekamti

インドネシアで起きた潜水艦事故で、海軍は過去に撮影された乗組員たちの動画を公開した。

 

事故の数週間前に撮影された動画

 

インドネシア海軍の潜水艦「KRI Nanggala-402」は4月21日に行方不明となり、その後バリ海峡の深さ838m地点で残骸が発見された。

 

潜水艦は最大潜水深度をはるかに超える海中で沈み、艦内には3日分の酸素しかなく、24日までに尽きたと考えられている。4月25日には軍のトップが、潜水艦に乗っていた53名の乗組員全員が死亡したと発表した。

 

そして4月26日、海軍は以前、潜水艦内で撮影された乗組員たちの動画を公開。そこには事故が起こる数週間前に、退任する潜水艦部隊の司令官との別れを惜み、全員で歌う様子が映っていた。

 

その歌は、インドネシアでヒットした「Sampai Jumpa(さよなら・またね)」という曲で、真ん中で艦長のHeri Oktavian中佐がギターを弾き、乗組員らが「私にはあなたを恋しく思うことや、あなたなしで生きていく準備さえできていないけれど…」という内容の歌詞を歌っていた。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Erix Soekamti(@erixsoekamti)がシェアした投稿

潜水艦は海底で3つに分裂

 

沈没した潜水艦は3つに分裂しており、遠隔操作によって撮影された水中画像にも「船体」「船尾」、そして 「主要部分」の3つに分かれている様子が映っていたそうだ。

 

ただし爆発した場合はソナーが音を拾うことから、その可能性は除外された。

 

その後、捜索救助チームは、垂直方向の舵、アンカー、セーフティー・ジャケットなどの残骸を発見したという。

 

インドネシア政府は国際潜水艦脱出・救助連絡事務所と協力して、船体の回収を行うと発言。海軍参謀総長のYudo Margono提督は、このような事故が “今後起こらないように “海軍が原因を調査すると述べている。(了)

 

 

出典元:The Washington Post:Haunting video shows Indonesian sailors singing aboard submarine weeks before it sank(4/25)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top