Switch news

知っておきたい世界のニュース

断崖のブランコから観光客が落ちる動画に、背筋が寒くなる

断崖のブランコから観光客が落ちる動画に、背筋が寒くなる
Twitter/UncleRandom

観光客にスリルを提供するブランコ。その鎖が突然切れ、嬌声が悲鳴に変わった。ブランコから滑り落ちた女性2人は、奇跡的に軽い怪我だけで済んだ。

 

高さ1920メートルの崖の上で

 

事故があったのはロシア連邦ダゲスタン共和国にあるSulak渓谷。ここはアメリカのグランドキャニオンより深い渓谷として知られており、切り立った崖の縁には、アトラクションとしてブランコが設置されている。

 

2人乗りのこのブランコに観光客が乗り、係員が押して揺らすと、高さ約6300フィート(約1920メートル)の崖の向こうに飛び出してスリルを味わえるわけだが、ブランコを吊るす鎖の1本が切れた。

 

シートが傾き、乗っていた2人の女性は滑り落ちた。その瞬間を捉えた動画がツイッターに投稿されている。鎖が切れた時の「パチン」という音がよく聴こえる。スリルを楽しむ嬌声は、一瞬にして悲鳴に変わる。

 

 

奇跡的に助かった2人

 

海外メディアによれば、崖縁のすぐ下に木製の小さな台が設置されており、2人は運よくその上に着地したとのこと。その台からも滑り落ちていれば、谷底へ真っ逆さまだったろう。

 

助けられた2人は「恐怖におののいていますが、擦り傷をいくつか負っただけで大きな怪我はしていません」と、警察関係者が現地メディアにコメントしている。また、「もし揺れの頂点で2人が落ちていたらと想像するとゾッとしますね」という感想も述べている。確かにその通りだろう。

 

動画を見ると、ブランコにシートベルトはなく、転落防止策は何も施されていないようだ。ダゲスタン共和国観光省はこのブランコについて、「安全基準を満たしていなかった」という見解を示し、「人々の命と健康を脅かすことのないよう、警察などの法執行機関や他の部署による調査を現在進めている」と発表した。(了)

 

出典元:NDTV:Women Fall Off Swing On The Edge Of A 6,300-Foot Cliff In Chilling Video(7/14)

出典元:Daily Star:Terrifying moment tourists fall off cliff swing 6,300ft above canyon after chain snaps(7/13)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top