Switch news

知っておきたい世界のニュース

中国の渓谷で起きた鉄砲水、7人が死亡した事故の背景とは?

中国の渓谷で起きた鉄砲水、7人が死亡した事故の背景とは?
Twitter/中国悲剧档案【老号】

先日、中国の渓谷で鉄砲水が発生し、多くの人々が犠牲になったが、それに関してSNSのインフルエンサーらが非難を浴びているという。

 

渓流の水位が急激に上昇

 

この事故が起きたのは8月13日、場所は四川省にある彭州市の渓谷とされている。

 

この日、局地的な大雨が降り、突然鉄砲水が発生。渓流の水位が急激に上昇し、数秒で多くの観光客が岩などに取り残され、また濁流にのみ込まれた人もいたという。

 

これにより7人が死亡し、8人が負傷。また当時、この映像はSNSでも拡散され、日本でも報じられた。

 

スポンサーリンク

インフルエンサーによりお勧めスポットに

 

この事故について、中国国営メディアの環球時報は「警告の標識やチェーンのフェンスが建てられ、訪問者に警告するために警備員まで派遣されたが、それらの対策はほとんど効果がないことが分かった」と報じている。

 

またこのような事故を引き起こした原因について、SNSのインフルエンサーらが批判されているという。

 

実は2020年には「野生の旅」という現象が、ソーシャルメディアで広まり、若者たちが人里離れた場所に冒険の旅に出る姿が見られるようになったそうだ。

 

そのような場所の1つが今回、鉄砲水が発生した渓谷で、SNSの「Douyin」や「Little Red Book」などのインフルエンサーらの間で、「秘密のリゾート天国」と称されるようになったとか。

 

その結果、無名の地域が比較的短期間のうちに若者の間で旅行スポットになったのだが、同時に地形に不慣れな人々に危険をもたらすことになってしまった。

 

実際、この渓谷では定期的に鉄砲水や土石流が発生していたという。

 

このためインフルエンサーやSNSのプラットフォームには、責任をもって旅を勧めるよう求められているそうだ。(了)

 

出典元:The Guardian:China ‘wild trip’ deaths put social media influencers under spotlight(8/19)

出典元:MailOnline:China’s social media influencers are slammed for boasting about ‘wild trips’ to off-grid locations after seven tourists were killed and eight injured in flash flood(8/20)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top