Switch news

夜中に水に浮かびながら映画『ジョーズ』を鑑賞、米でユニークなイベントが実施へ

夜中に水に浮かびながら映画『ジョーズ』を鑑賞、米でユニークなイベントが実施へ

映画『ジョーズ』といえば、巨大なサメに人々が食べられていく恐ろしいストーリーだが、それを水に浮かびながら鑑賞するイベントがアメリカで行われるという。

 

浮き輪などに乗りながら映画を鑑賞

 

そのイベントが開催されるのはテキサス州、オースティンの近郊、トラビス湖にあるVolenteビーチとされている。

 

ここでは6月8日から夏の間、ビーチに設置された巨大スクリーンで、スティーブン・スピルバーグ監督の『ジョーズ』を上映。

 

観客は湖の中に入って、浮き輪などに乗りながら、スリルあふれる映画を楽しめるという。

 

Lake Travis
Lake Travis

観客がどっきりする仕掛けも

 

しかも屋外にスクリーンを設置するため、上映は日が暮れてから。人々は暗くなった水の上で、足元に不吉な予感を感じながら、鑑賞できるそうだ。

 

実際、このイベントを主催する「Alamo Drafthouse」によれば、映画の重要なシーンになると、雇われたスキューバのダイバーが浮かんでいる観客の下を潜行するという。

 

そしてダイバーから吐き出される泡が観客に触れ、映画を見ている人は思わず恐ろしくなるとか。

 

なんともユニークな企画だが、日本でも夏にこのようなイベントがあれば、人気が出るかもしれない。(了)

 

 

出典元:GMA:This screening of ‘Jaws’ on a lake will get your heart racing(4/25)

Return Top