米南部を襲う大寒波の影響でウミガメが危機、海面に浮かぶ100匹を保護


大寒波に見舞われているアメリカ南部で、多くのウミガメに影響が出ていることが明らかとなった。

 

すでに100匹のウミガメを保護

 

フロリダ州にある野生動物の保護を専門とする「Florida Fish and Wildlife Conservation Commission(FWC)」によれば、ウミガメは水温の低下に伴い、気絶して弱った状態で海面に浮かんだり、浜辺に打ち上げられたりして、中には死んでしまうものもいるという。

 

そのため団体のスタッフやパートナー、そしてボランティアがモニターを実施。今までにフロリダの北西部の沖合で100匹のウミガメを保護したそうだ。

 

実際に公開されている動画にも、船に乗ったスタッフなどが海面に浮かんでいる、弱ったウミガメを短時間で次々と救助する様子が捉えられている。

 

 

保護されたウミガメはパナマに送られる

 

保護されたウミガメは、その後パナマにある 「Gulf World Marine Institute」に送られ、温かい海水に浸り、健康のチェックを受けたという。

 

また海水温が上昇したのち、再びメキシコ湾に帰される予定といわれている。

 

Sea Turtle Preservation Societyによれば、ウミガメは体温が華氏50度(摂氏10度)を下回ると、非常に危険な状態になるそうだ。そして温かい海域まで泳げないウミガメは死んでしまい、浜などに打ち上げられるとか。

 

しかし浜辺に打ち上げられているウミガメの中にも、まだ生きているものがいる場合があるため、FWCではもし発見したら至急団体へ連絡するよう、市民に呼びかけている。

Facebook/MyFWC

マナティにも影響が及ぶ

 

一方、フロリダといえばマナティも有名だが、彼らも大寒波の影響を受けているという。

 

マナティは寒くなると発電所の排水する暖かい水のエリアや、自然の湧水が出る場所へ群れで集まる習性があるそうだ。

 

そのためFWCではマナティを見るためボートに乗る人に対し、群れが集まっている浅瀬などでは十分注意し、スピード制限の標識を守るよう呼びかけている。(了)

 

出典元:The Florida Fish and Wildlife Conservation Commission:FWC monitoring sea turtles, manatees during cold weather(1/3)

出典元:FOX13:FWC rescues more than 100 cold-stunned sea turtles(1/5)

出典元:florida today:Cold could kill sea turtles, manatees and other marine life(1/3)