Switch news

庭のプールから出られなくなっていたのは発情したヘラジカだった

庭のプールから出られなくなっていたのは発情したヘラジカだった

普段ならめったに人家に近づかないヘラジカが、庭のプールに入って一晩出られなくなるという出来事が、米国ニューハンプシャー州であった。

 

プールに浸かったヘラジカ

 

ニューハンプシャー州ベッドフォード市にあるその家の主人は、10月2日の夜、自宅のプールを見てさぞかし驚いたことだろう。

 

同州の魚類鳥獣保護局の発表によれば、プールに雄のヘラジカが入り込み、次の日まで出られなくなっていたとのこと。現場を見た同局員のKevin Jordanさんは、家主の気持ちを推測してこんなふうに話している。

 

自分の家のプールで水が跳ねる音が聞こえて、ガラスのサッシ窓に近づいて外を見てみると、1200ポンド(約544kg)とか800ポンド(約362kg)もありそうなヘラジカがいた。こんなことは、私だったら全く予想外のことですね。

 

Moose in pool

With the moose breeding season beginning to ramp up, bulls are on the move looking for mates. In his travels, this young bull accidentally found his way into a swimming pool in Bedford last night. NHF&G Wildlife Biologists, with assistance from local Conservation Officers, were able to help remove the moose from the pool. The moose was unable to get himself out after several hours as the pool had no stairs. By putting a set of wooden steps in the pool and coaxing the moose towards them, he was able to find his way out and back in to the woods.

NH Fish and Gameさんの投稿 2019年10月2日水曜日

 

この雄のヘラジカはプールに入ったものの、出るための足がかりがなく、翌朝まで水に浸かっていたという。

 

現場に呼ばれた魚類鳥獣保護局のスタッフは、庭にあった階段状の木製脚立をプールに沈めて足場を作ってやり、渡した縄でヘラジカを追いやって足場を登らせた。

 

保護局がFacebookで公開したビデオには、足場の途中の段からプールサイドに上がったヘラジカが、無事に林に戻っていく様子が映っている。

 

Facebook/NH Fish and Game

発情期のヘラジカは数十キロ歩き回る

 

ビデオに映っているヘラジカには、左のツノが下向きに曲がっているという特徴があり、これと同一と見られるヘラジカが他の場所でも目撃されている。

 

例えば、ニューハンプシャー州内のフックセットという町では、駐車場の車の屋根に登ろうとしているところが目撃されており、今回のベッドフォードのプールから20マイル(約32km)以上離れたハイウエイ上を歩いていたという報告もある。

 

秋はヘラジカの繁殖期。この時期、オスは獰猛になり、メスを探してさまよい歩く。今回プールから助け出されたヘラジカが、別の場所に現れることもあるだろうと、保護局のJordanさんは言う。

 

ヘラジカは今が発情期です。相手を探しているんです。雄のヘラジカは若いほどメスを見つけるのが大変で、とても長い距離を歩き回ることがあります。だから、彼(今回助けたヘラジカ)と別の場所で会ったとしても、驚きはしないでしょうね。

(了)

 

出典元:Wyoming News Now:Moose rescued after getting stuck in N.H. swimming pool overnight(10/3)

出典元:Mail Online:Huge bull moose is coaxed out of family’s swimming pool after getting trapped for hours while on the prowl for a mate(10/3)

Return Top