Switch news

知っておきたい世界のニュース

釣り竿のリールを巻き上げたら、ルアーにワニが食いついていた!【動画】

釣り竿のリールを巻き上げたら、ルアーにワニが食いついていた!【動画】
Facebook/Rod & Rifle TackleWorld Katherine

川でルアーフィッシング(疑似餌を使った釣り)をしていたら、大きなワニがかかってしまう——こんな珍しい場面がオーストラリア北部のノーザンテリトリーで撮影された。

 

今月15日、アウトドアスポーツ用品店「Rod & Rifle TackleWorld Katherine」のフェイスブックに投稿された動画は、数日のうちに1万回以上シェアされ、現在の再生回数は170万回を超えている。

 

ルアーに食いついたワニ

 

動画の中で釣竿を握っているのは、Trent de Withさんという人。友人と一緒にボートでルアーフィッシングを楽しんでいたそう。

 

すると、いつもより大きな手応えがあり、引き上げて見ると、ルアー(疑似餌)にワニが食いついていた。

 

Trent de Withさんは何とかワニを逃がそうとするが、うまく行かない。釣竿は折れそうなほどに曲がり、疲れた彼の息遣いは荒くなっている。

 

 

後日、メディアの取材を受けた彼はこう話す。

 

「僕たちはビクトリア川で釣りをしていました。キャサリン(Katherine)という町から西へ2時間ほど行った所で、地元ではよく知られたフィッシングスポットです」

 

ワニを相手に奮闘した彼の目的は、高価なルアーを取り返すことだったらしい。フェイスブックの投稿文にこうある。

 

クラシック200(釣竿の名称)を使ってトローリングしていたら、こいつ(ワニ)が、ものは試しと食いついて来た。けれどルアーは何とかして取り戻したよ! そのルアーは(変形して)以前のように真っ直ぐ進まなくなってしまったけどね。

 

オーストラリアではよくあること?

 

私たちからすれば珍しい光景だが、オーストラリアでは、釣りの最中にワニを引っかけてしまうことは普通らしい。Trent de Withさんはこう言う。

 

「この(動画の)ワニは、ルアーを餌と間違えて本当に食べようとしたようですが、実際、針がワニに引っかかって釣れてしまうことはよくありますよ」

 

動画を見た人たちもそれを分かっているのか、ワニよりも、折れなかった釣竿や、切れない釣り糸の丈夫さに関するコメントが多い。(了)

 

出典元:MailOnline:Terrifying moment an excited fisherman reels in his catch in the Northern Territory – only to find a giant crocodile on the end of the line(10/19)

出典元:Hindustan Times:Video captures crocodile caught on fishing rod, shocks netizens(10/21)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top