Switch news

知っておきたい世界のニュース

湖の底にできた水の流れ、まるで「生命の木」のようだと話題に

湖の底にできた水の流れ、まるで「生命の木」のようだと話題に
Instagram/derry_moroney_photography

オーストラリアで、湖に残った水の跡が撮影され、その写真が注目を集めている。

 

嵐の後にできた模様を撮影

 

その写真を上空から撮影したのは、アマチュア・カメラマンのDerry Moroneyさんだ。

 

彼によれば、この写真は6カ月前に、ニューサウスウェールズ州の街、ブルームズ・ヘッドにあるCakora湖で撮影したという。

 

当時、Clarence谷の付近では、数日間連続して嵐に襲われた後だったそうだ。やがて湖からは水が引き始め、それが「生命の木」のような模様を描いたとか。

 

インスタグラムに投稿

 

このCakora湖は海に近く、湖の部分とラグーンから成り立っており、断続的に海に水が流れているという。

 

またMoroneyさんは、このような写真を数多く撮影しており、2週間ごとに現場へ向かい、さまざまな形態を撮影する習慣を身に着けてきたそうだ。

 

 

また「生命の木」の写真を撮影した時、水は「Tea tree」という木から出る油に浸り、濃い茶色に染まっていたため、このような風景になったという。

 

Moroneyさんはその後、これらの写真をインスタグラムに投稿。それぞれの写真には、現在までに200件から800件の「いいね」が贈られている。

 

さらに写真を見た人からも「これは信じられない写真だ!」や「驚きだ」「おめでとう!ABCにシェアされて」といったコメントが寄せられた。(了)

 

出典元:ABC.net:Aerial photos of Lake Cakora at Brooms Head reveal spectacular ‘tree of life’ patterns(1/12)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top