Switch news

知っておきたい世界のニュース

死亡例もある猛毒に気づかず、その生物を舐めてみせる動画にゾッとする

死亡例もある猛毒に気づかず、その生物を舐めてみせる動画にゾッとする
TikTok/alexa_reed2

それはTikTokに投稿された動画。ある男性が、砂浜に打ち上げられたクラゲのようなものを発見。それを指で突いたり持ち上げたりする様子が映っているのだが、男性はその生物が「浮遊する恐怖(floating terror)」と呼ばれていることを知らない。

 

浮遊する恐怖

 

「みんな、見てみなよ、まだクラゲがいるよ」

 

TikTokユーザーのAlexa reed2さんは、動画の冒頭でそう言い、鮮やかな青い色をした生き物を指で突いてみせる。

 

「すごく冷たくてぶよぶよしてる。持ち上げてみよう」

 

持ち上げると、長い触手のようなものが付いている。彼は、さらにこう続ける。

 

「外見はこんなふう。その通り、クラゲ、この大きさを見てみなよ。それに、まだ動いてる、オー・マイ・ゴッド! 舐めてみよう」

 

彼がチロリと舐めた生物は、実はカツオノエボシ。猛毒を持っていて、刺された人が死ぬこともある。欧米では「浮遊する恐怖(floating terror)」というニックネームが付けられている。

 

@alexa_reed2##fyp ##foryoupage ##paratupagina don’t try this ⚠️⚠️♬ original sound – Alexareed


カツオノエボシは、ヒドロ虫という生物が集まって出来た群体で、いわゆるクラゲとは異なる生き物だ。

 

別ユーザーからの警告

 

Alexa reed2さんの動画を見て、他の人が真似するのではないかと心配したMndiaye 97さんというユーザーが、この動画への返信という形で、今月8日、カツオノエボシの毒性を解説する動画を投稿している。その最初に彼はこう言っている。

 

「これはクラゲじゃない。カツオノエボシ(Portuguese Man O’ War)だ。ブルーボトル(blue bottle)、浮遊する恐怖(floating terror)とも呼ばれている」

 

無数の刺細胞から射出される毒は、「時に人を過去形にしてしまう」こともあるそうだ。また、オーストラリアでは年間1万人近くがカツオノエボシに刺され、「刺されるとひどい痛みが長くて3日間続き、鞭で打たれたような傷が残る」と彼は言う。切り離された触手にも、人を麻痺させるほどの毒性があるらしい。

 

TikTok/Mndiaye_97

 

刺されても手当てすれば死ぬことはまずないそうだが、それでも、よく知らない生き物を海で見つけたとき、舐めるのはやめた方がいいだろう。(了)

 

出典元:The Sun:STING OPERATION Video shows man LICKING ‘slimy’ creature without realising it’s deadly Portuguese Man O’ War jellyfish(5/9)

出典元:Mirror:Man plays with ‘slimy’ creature he found on beach unaware it can kill humans(5/8)

出典元:Wikipedia:カツオノエボシ

Return Top