Switch news

知っておきたい世界のニュース

賢いワンコ!迷子になり、自ら警察署に入って助けを求める

賢いワンコ!迷子になり、自ら警察署に入って助けを求める
Facebook/Leicestershire Police

イギリスで、飼い主とはぐれたワンコが警察署に入って、助けを求める様子が撮影された。

 

花火に驚いて逃げてしまう

 

そのワンコとは、イングランドのレスターシャーで暮らす、ボーダーコリーの「ロージー」だ。

 

「ロージー」は11月11日、飼い主のスティーブ・ハーパーさんと散歩をしていたが、花火に驚いて、逃げ出してしまったという。

 

そして迷子になったこのワンコは、なんと自らラフボロー警察署に入っていたそうだ。

 

防犯カメラの映像にも、「ロージー」が自動ドアをくぐり、署内の匂いを嗅いだ後、隅に座って大人しく待つ様子が映っていた。

 

Clever lost dog finds help at local police station

The pack at Loughborough Police Station made a new furry friend last week after a lost dog strolled into the station. We’ve collared the CCTV of the Border Collie, Rosie, so you can see her approaching the doors before walking in and taking a seat in the corner. Good dog!

Our staff fetched some water for Rosie, and made fast friends with plenty of fuss. Thankfully she was wearing a collar, so a lead was available to contact Rosie’s owner, who was delighted she had been found safe and well. Rosie was being walked nearby with a second dog when she managed to wander off. What a lovely, clever dog 😊

Leicestershire Policeさんの投稿 2022年11月14日月曜日

スポンサーリンク

首輪などに飼い主の名前

 

その後、驚いた警察官が「ロージー」の首輪を確認すると、そこには飼い主の名前と電話番号が書かれてあったという。

 

そして一時間後、連絡を受けた飼い主が現れ、「ロージー」は無事に引き取られていったそうだ。

 

レスターシャー州警察は、その後動画をフェイスブックに投稿。担当者は次のように語っている。

 

「ありがたいことに首輪をしていたので、リードでロージーの飼い主に連絡することができました。飼い主は無事に発見されたことを喜んでいました。ロージーは、2匹目の犬と一緒に近くを散歩していたときに、迷子になってしまったのです。なんてかわいくて、賢い犬なんでしょう」

 

警察のスタッフは当時、大騒ぎして、「ロージー」のために水を汲んできて、すぐに仲良くなったという。(了)

 

出典元:METRO:Dog hands herself into police station after going missing on walk(11/15)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top