Switch news

ピックアップ

世界で2例目になるHIVの完治か?新たな治療法確立への期待もかかるが…

世界で2例目になるHIVの完治か?新たな治療法確立への期待もかかるが…
NIBSC

HIVといえば、一度感染したら完治することのない“不治の病”とみなされる病気だ。

 

しかしHIVに感染した男性が、世界で2例目となるエイズからの完治を果たしたとして、大きな注目を集めている。

 

HIV完治の鍵となったのは骨髄移植か

 

HIV感染から完治したとされているのは、“ロンドンの患者”との呼び名を持つ男性。彼の名は明かされていない。

 

男性がHIV感染の診断を下されたのは2003年のこと。

 

さらに男性は2012年に、悪性リンパ腫の一種である“ホジキンリンパ腫”と呼ばれる病気に罹患。この治療のため、幹細胞移植(骨髄移植)を受けることとなる。

 

しかし男性の骨髄に適合するドナーを探していたところ、“CCR5”と呼ばれる遺伝子に変異を持つ適合者が見つかった。

 

HIVウィルスは一定の免疫細胞を破壊する際、このCCR5と呼ばれる遺伝子のたんぱく質(受容体)を利用するとされており、これに異常がある場合には増殖できなくなってしまうという。

 

CCR5に変異を持つドナーから幹細胞移植を受けた後の男性は、一時的に“移植片対宿主病”と呼ばれる病状を発症。

 

移植片対宿主病とは臓器移植に伴う合併症の一種であり、ドナーの臓器や骨髄等が免疫反応により、移植を受けた患者の臓器を攻撃してしまうことで起こる症状の総称を指すものだ。

 

その症状が治まった後は、男性の身体からはHIVウィルスに感染した形跡がなくなったという。

 

エイズ完治の鍵は骨髄移植だけではない?

 

しかし“ロンドンの患者”と呼ばれる男性は、なぜエイズを完治させることができたのか。

 

その鍵となったのがCCR5に変異を持つドナーからの骨髄提供であったと考えられる一方、完治に至る条件はそれだけではなさそうだ。

 

世界において初めてエイズから完治したとされているのは、“ベルリンの患者”と呼ばれる米国人男性、Timothy Ray Brown さん。

 

TimothyRayBrown

 

Brownさんは2008年にエイズから完治。この際の治療法も、“ロンドンの患者”とされる男性と同様、CCR5に変異を持つドナーから骨髄移植を行うというものであった。

 

一方、Brownさんと“ロンドンの患者”の男性の治療における共通点はこれだけではなく、二人はいずれも治療後に移植片対宿主病の症状を発症させていたという。

 

そのため医師らの間では、エイズ完治を目指す治療において重要となる要素は、CCR5に変異を持つドナーからの骨髄提供のみではない、と考えられているとのことだ。

 

容易ではないエイズ完治目指す治療

 

“ロンドンの患者”と呼ばれる男性の身体からは、治療後18カ月間にわたりHIVウィルスが検出されていないという。

 

またこの治療に関わったHIV研究者の一人であるRavindra Gupta氏は、男性のことを“機能的には回復”しており、またHIVウィルスも“鎮静状態にある”とする。

 

TimothyRayBrown

 

しかしGupta氏は、男性がエイズを完治させたとするには時期尚早であるとも言及している。

 

さらにエイズから完治させる治療法の確立には、多くの壁が立ちはだかっていることも事実だ。

 

Brownさんと“ロンドンの患者”の両者の治療において鍵となる役割を果たした、CCR5に変異を持つドナーからの骨髄提供という点において問題となるのは、このような変異を持つ人の数が非常に少ないということ。

 

CCR5に変異を持つ人の多くは北ヨーロッパの家系である一方、欧州においてもその数は人口の1%ほどに留まるという。

 

さらにBrownさんと“ロンドンの患者”が受けた治療は、高額であると共にリスクも大きく、非常に複雑なものだ。

 

そのため同様の治療法が確立され、エイズを患う多くの人々が治療をうけることができるようになるまでには長い時間がかかると考えられている。

 

Pexels(画像はイメージです)

 

HIVが初めて発見されてから30年以上もの間、世界ではエイズにより約3500万人もの人が亡くなったという。

 

この治療法が確立され、エイズから完治したBrownさんや“ロンドンの患者”の男性のように、多くの人が“不治の病”を克服できる日が訪れることを願うばかりだ。(了)

 

 

出典:Boredpanda:Second Patient In History Has Been Cured Of HIV

出典:WIREDThe Gene Mutation That Could Cure HIV Has a Checkered Past(3/5)

出典:The New York Times:H.I.V. Is Reported Cured in a Second Patient, a Milestone in the Global AIDS Epidemic(3/4)

出典:npr:Bone Marrow Transplant Renders Second Patient Free Of HIV(3/5)

Return Top